22日ドラマ「トッカン 特別国税徴収官」第6話を視聴した。

今回は鏡と鈴宮のもとに計画倒産のタレこみが入る。

計画倒産をされてしまうと、欠損が発生してしまい税務署は何もできなくなるのだ。

400万の滞納税だけでなく、騙し取られた被害者の被害額も取り戻せない。

そんな中で鈴宮はその会社にSしに向かうが大きな証拠らしい証拠が見つからない。

鏡が別の案件で借り出されてしまい、

鈴宮1人で奮闘するも隠し口座は見つけられたものの破産手続きが開始されてしまった。

落ち込む鈴宮だったが、そこで鏡が法には法で対処しろ!

という言葉で鈴宮は差し押さえた講座の残金が不服申し立てに当たる事が判明し、

鈴宮は裁判所に不服申し立てをして間一髪不服申し立てが受理されたシーンがメインだった。
今回は計画倒産を企てている会社を計画倒産前に滞納税を差し押さえるのが目的だった。

税務署も個人の自己破算については差し押さえられるが、

倒産してしまったら欠損になり差し押さえられないというのは会社法にのっとっているからでもあり、

その部分に対して悪用する業者もいるという事だ。

それを阻止するために鈴宮は色々調査をする。

そしてその多くがネットに無知なネットショッピングによる犯行手口だった。

ネットショッピングって確かにお店を持つ土地が必要でない分開設し易いんだけれど

結局その後については全て自分自身だという事を忘れてはならない。

そしてそんな時に鏡が別のSで借り出されてしまい鈴宮1人でSに向かう事になった。

既に多くの情報で悪質な業者であり明らかに隠し財産が存在すると思われたからだ。

しかしSを強行してもなかなかしっぽが出ない。

押収した資料から調査を進めるも破産手続きまで1週間と言われた

鈴宮はそこまでに何とか調査をするが、

そこで被害者の1人からようやく隠し口座の残金を発見した。

そして破算手続きを阻止しようとしたがタッチの差で破産手続きは受理され手続きに入っていた。

落ち込む鈴宮だったが、そこで鏡が不服申し立てをして手続きを止める手段のヒントを教えられた。

法には法を!確かにね。

そこで鈴宮は差し押さえた口座で不服申し立てをするが

主任書記官は時間外という理由で受理しない。

食い下がった時に裁判官が現れ、良く見つけましたね!と言って不服申し立てを受理したのだった。

それにより破産手続きは再び差し戻され再審議対象となったのだった。

これにより持ち出そうとした滞納税並びに被害者による訴えが可能になるのだった。

確かに手続きが差し戻されれば問題はなくなるし、

被害者も奪われた金を取り戻すチャンスだからね。

次回は銀座のクラブのオーナーのSに鈴宮が向かう。

店を改装してから一切納税しないそのお店を鈴宮はどうSするのか?

そのSに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

日本テレビ系 水曜ドラマ 「トッカン 特別国税徴収官」 オリジナル・サウンドトラック日本テレビ系 水曜ドラマ 「トッカン 特別国税徴収官」 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:音楽:佐藤史朗
販売元:バップ
(2012-08-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


トッカン―特別国税徴収官―トッカン―特別国税徴収官―
著者:高殿 円
販売元:早川書房
(2010-06-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


トッカンvs勤労商工会トッカンvs勤労商工会
著者:高殿 円
販売元:早川書房
(2011-05-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


トッカン the 3rd: おばけなんてないさトッカン the 3rd: おばけなんてないさ
著者:高殿 円
販売元:早川書房
(2012-06-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る