9日ロンドン五輪女子サッカー決勝日本対アメリカ戦が行われ、

1対2でアメリカが執念でゴールを守り切り、

日本は最後まで勇敢に闘ったが及ばず女子サッカー史上初の銀メダルを獲得した。

試合は前半8分にサイドを破られ、MFロイドにゴールを許し先制を許す。

その後日本もチャンスを作るもGKソロのファインセーブ、

FW大儀見のヘッドがゴールバーを叩きゴールを割れず

前半はアメリカの攻勢の前に苦しみ折り返す。

後半日本は足の止まり出したアメリカに対してボールをキープできるようになりゴール前に迫るが、

後半9分アメリカのカウンターからMFロイドに決められ2点差とされるが、

後半18分右サイドのクロスをFW大儀見が決めて1点差とする。

その後日本は再三のチャンスを作り、

途中出場のFW岩淵がGKソロと1対1にするがGKソロに止められる。

何度もゴール前に迫った最後までGKソロのゴールを破れずそのまま終了し、

日本はアメリカに敗れたものの女子サッカー史上初の銀メダルを獲得した。

これでなでしこジャパンは日本サッカー界史上初の銀メダルを獲得し、

佐々木監督最後の試合でメダルを獲得して未来のなでしこたちに希望を託した。
決勝へいく事、そしてメダルを獲る事が義務付けられたチームにとって

この1年間非常に苦しい重圧に耐えながらなでしこたちは最後まで勇敢に闘った。

昨年のW杯の再現となった訳だけれど、

同じカードを実現するまでになでしこたちは

国民栄誉賞受賞チームという重い重責を背負ってアジア予選、

そしてそれまでの強化試合を戦い続けてきた。

選手たちの多くは最低限メダル獲得、そして決勝進出が最低条件と感じていただろう。

これも安易に国民栄誉賞受賞を授与した史上最悪な総理の浅はかな行為によるものだが、

その中でもその義務を果たしたなでしこの選手たちをどうして批判できようか?

むしろ今までこの決勝に女子選手たちはこれまで1度も辿り着けなかった。

それが今回初めて辿り着いた。

しかも初メダルを獲得して・・・

最後は例えどんな結果になろうともその結果を受け入れ私は選手たちを称える事を決めていた。

その選手たちを称えるプレーを振り返りたい。

なでしこジャパンのフォーメーションは4−2−2−2

GK福元

DF

右SB近賀 CB岩清水 熊谷 左SB鮫島

MF

ボランチ 阪口 沢

右SH宮間 左SH川澄

FW 大野 大儀見

なでしこのベストメンバーでスタートした。

試合は開始早々からアメリカの攻撃に晒され、前半8分にMFロイドに先制ゴールを許した。

これは1番警戒していた2列目の選手をマークし切れなかった事に尽きるけれど

最初から押し込まれてしまった事がこの試合の流れを苦しくした。

しかし前の試合で120分戦ったアメリカは時間が経つ事で運動量が明らかに落ち始め、

ゴール前でブロックを作り出す。

これは予想できた事なので運動量が落ちれば中央を固めてゴールを割らせないのは当然だ。

中2日を続けてきた両チームにとって運動量で勝負するにはあまりにも酷な現実ではあった。

それでも足を留めない日本は前半は次第にボールを回せるようになって前半を折り返した。

後半日本はボールをキープしながらゴール前に迫るが、アメリカのブロックの前に跳ね返され、

1番警戒していたカウンター攻撃を受けて、後半9分またもMFロイドに決められ2点差とされる。

しかし日本もこの状況から反撃に出て後半14分にMF阪口に代えて

MF田中を投入して沢を前に出す。

そして後半18分右サイドからのクロスをFW大儀見が押し込み1点差とする。

その後MF宮間のFKから何度のチャンスを作るもアメリカの必死のディフェンスの前に

ゴールをなかなか破れない。

後半38分には途中出場したFW岩淵のGKソロとの1対1のシーンで決定的だったが

GKソロの執念のセーブに阻まれ、

日本は最後までゴールを破れず日本はアメリカに敗れたものの

勇敢に闘い女子サッカー史上初の銀メダルに輝いた。

それぞれのサッカーを出し切ってそして力を出し尽くした結果が

銀メダルなのでこの4年間で全く勝てなかったアメリカ相手に互角に戦えるチームになったのは

本当に大きな進歩だし、そのアメリカを最後まで苦しめた事も

また次の目標として未来に繋いだ戦いだった。

振り返れば失点を防げていれば、

そしてゴールポストをバーを叩かなければというシーンはあるけれど、

金メダルを獲得するためにはまだまだサッカーの神様は試練が必要という事だろう。

そしてアトランタから正式種目となり日本を牽引し続けた沢選手にとっても

これが代表で最後の試合になったと思うけれど、

アトランタから16年で悲願の銀メダルを獲得してなでしこの未来を託す事になったし、

佐々木監督も最後まで大きな仕事を成し遂げた。

就任当初はここまで行けるとは誰も思っていなかっただろうし、

本人もサッカー界史上に残る結果を残せるとは思っていなかっただろう。

その中でこれだけの結果を残した事に対してどうして批判できるだろうか?

世界でもW杯制覇、五輪銀メダルは過去にも1チームしかない。

その2チーム目になった事実がここにある。

それだけで十分重責を果たした。

そしてなでしこイレブン並びにこれまでなでしこに選ばれなかった選手たちも

この銀メダルはサッカー界史上に残る成績は誰1人欠いても成し遂げられなかった偉業だ。

最後まで勇敢に闘い続け国民栄誉賞受賞チームという重責と責務を負った選手たちに対して

その責務を果たし、最後まで諦めなかった姿にはフェアプレー賞に値するし、

世界のスポーツ選手が見習う手本となった。

最後は将来の目標として未来に託し世界に賞賛されたなでしこイレブンを笑顔で称え喜び合おう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

FIFA WOMEN'S WORLD CUP GERMANY 2011 なでしこジャパン ~世界を魅了したなでしこの真実~ DVD-BOOK (<DVD>)FIFA WOMEN'S WORLD CUP GERMANY 2011 なでしこジャパン ~世界を魅了したなでしこの真実~ DVD-BOOK (<DVD>)
販売元:ぴあ
(2012-03-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る