5日ドラマ「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第4話を視聴した。

今回は再び山小屋の診療所に戻った。

その中で速水は井上から山に慣れるには登山が良いとチャレンジして慣れようとする。

そんな姿勢を観た遥は次第に速水の事を見直す。

そんな中で山小屋に男性客2人が訪れ、その2人はかつて井上が働いていた不動産業者の同僚だった。

山小屋ではトップセールスマンと豪言していたが実はリストラされたのだった。

そんな中で2人は登山することになるが、

1人が登山道から足を滑らして落下し診療所に運ばれるも今すぐに縫合しなければならなかったが、

麻酔がなく麻酔なしで縫合する事を決断した速水は全員に抑え込むように

指示して見事に縫合手術を成功させる。

そしてその頃速水が知らないところで倉木が沢口に呼び出され診療所を廃止する事を告げられる。

そんな中で診療所に速水の婚約者光香が運ばれてくるシーンがメインだった。
ストーリー

速水は山に慣れようと、井上からアドバイスをもらいながら登山にチャレンジする。

速水から普段はどんな仕事をしているのかと問われた井上は、

不動産販売のトップセールスマンだと豪語。

山荘のメンバーからも尊敬の目で見られ、井上は意気揚々とする。

そんな矢先、2人の男性客が山荘へとやってくる。

その男性客とは、井上の知り合い・神田と上原だ。

久しぶりの再会を喜ぶ2人とは対照的に、凍り付く井上。

実は、井上は不動産会社をリストラされていたのだ。

そのことをみんなの前で明かされた井上は、嘘がバレてしまったことに気まずくなる。

そして、リストラされたときのことを思い出し落ち込むのだった。

翌朝、遥のガイドのもと、神田と上原は登山へと出発する。

すると、写真撮影に夢中になった神田が滑落してしまう。

その時に、岩で腕を深く切ってしまい、大量に出血してしまう。

診療所まで搬送することはできたが、神田の体からは薬のアレルギー反応が出てしまい、

診療所にある麻酔が使えない。

すぐにでも縫合しなければいけない状況のなか、速水は…。

一方、倉木は東京にある“瀬尾家”という墓石の前に、沢口から呼び出され、ある決意を告白され…。

以上TBSサマーレスキュー〜天空の診療所〜HPより


今回は再び山小屋に戻ってきた速水が山の生活に慣れようと

積極的に登山をして歩きなれる事から始めるのだった。

これまで地上の病院しか経験のない速水にとってもう一度初心に帰る上では良かったと思う。

そんな中で山小屋で働く井上の元同僚が偶然訪れ、実は井上は以前の会社を辞めていたのだった。

そんな気まずい空気の中で元同僚は登山に向かうが、案内役で遥が同行するも、

1人が登山道から滑落して負傷し診療所へ運ばれる。

診療所に運ばれた患者は縫合しないといけないほどの状況だったが、

麻酔がなく、仕方なく麻酔なしで縫合手術を決断した速水は全員で抑えるように指示をする。

そんな中で井上も一緒に抑えて縫合手術は成功した。

さすがに腕は見事だけに麻酔なしで過酷な環境でも慣れれば

それなりに対応する術はあるんですよね。

そしてそんな頃倉木は沢口に診療所を廃止すると告げられていたのだった。

そんな中で診療所に患者が運ばれてくるが

それが婚約者光香だった事に速水は驚いたのだった。

再び戻ってきた事で遥は速水に対する見方がかなり変わっていた事で大きな心境の変化があった。

これも母親の死を抱えながらも戻ってきたその気持ちを感じ取ったのだろう。

次回は光香が診療所に来た事で再び速水は山を下りて倉木と沢口に診療所の事を話す。

果たして速水は診療所にどういう熱い討論をするのか?その思いに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

サマーレスキュー ~天空の診療所~ (河出文庫)サマーレスキュー ~天空の診療所~ (河出文庫)
著者:秦 建日子
販売元:河出書房新社
(2012-07-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


輝く月のように/The Bird Without Wings (初回限定盤)輝く月のように/The Bird Without Wings (初回限定盤)
アーティスト:Superfly
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
(2012-08-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る