5日大河ドラマ「平清盛」第31話を視聴した。

今回は伊豆に流された頼朝は幽閉生活から5年の月日を経ていた。

この時の頼朝は清盛の政治を遠くから眺めている事しかできなかった。

一方清盛は朝廷の中でさらに権力を強め、後白河上皇にも蓮華王院を献上するなど

周りの気配りを怠らずに力を強めていた。

その狙いは博多の港を播磨付近に入港できるように建設するためだった。

しかしそんな中で二条天皇が崩御して崩御前に二条天皇の子順仁が六条帝として即位する。

それにより清盛は大納言に昇進する。

葬儀が行われていた中後白河上皇が弔問に訪れるが、

それを清盛が毅然とした態度で追い返し、後白河上皇との対立がより鮮明になり、

清盛は朝廷での権力をさらに強めたシーンがメインだった。
ストーリー

1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝がいた。

5年前、清盛によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎とともに暮らしていた。

一方、清盛は、後白河上皇と対立する二条天皇の親政のもと、

朝廷での力をのばし、港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていた。

清盛は二条天皇に取り入りつつ、後白河上皇にも蓮華王院(三十三間堂)を献上するなど、

朝廷内でうまくたちまわっていた。

長男・重盛はそんな父のやりかたに納得がいかず、

二条天皇に後白河上皇との和解を進めるが、かえって仲をこじらせてしまい、清盛の怒りをかう。

そんな中、突然の病の床についた二条天皇は、後白河帝の院政を阻止するため、

わが子、順仁(六条帝)に譲位し、清盛に後見をゆだねて崩御する。

わずか2歳の六条天皇の誕生は、朝廷内のパワーバランスを大きく変えていくことになる・・・・・。

以上NHK平清盛HPより


今回は頼朝が伊豆に幽閉されてから5年の月日が経ていた。

この時期の頼朝は監視の強い中でただただ質素に暮らすしかなかった。

まだこの時期には北条政子と出会っておらず大きく展開するのはまだまだ先になりそうだ。

そんな中で清盛は朝廷で大きく権力を握り始めていた。

それは博多にある港の規模を播磨付近に造れないかというものだった。

当時の技術ではなかなか難しい事だったが実現すれば

博多まで荷を受けとりに向かう事はなく播磨で受けられればそれは相当負担は軽くなる。

そんな中で清盛は後白河上皇に対する気配り、

さらに二条天皇への気配りにより播磨での港建設をタイミングを見計らって進言しようとする。

しかしそんな中重盛が清盛の方針に反発し重盛は清盛と対立する。

そんな中で清盛は忠盛の妻池禅尼がこの世を去る。

清盛の事を受け入れ、忠盛の意向を最後まで導き通した。

そんな中で二条天皇が突然崩御し、その直前で二条天皇は順仁に

譲位して清盛らに即位した六条天皇を託した。

そんな中で行われた二条天皇の葬儀に後白河上皇が弔問したが無礼なふるまいに

清盛は毅然とした態度で二条天皇が後白河上皇に政をさせたくなかったのかを告げ、

後白河上皇との対立が始まるのだった。

次回はそんな中で清盛は大納言から太政大臣に就任するが、それを後白河上皇に阻まれる事になる。

果たして清盛と後白河上皇との攻防はいかなるものだったのだろうか?

その攻防に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2012-05-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


平 清盛 三平 清盛 三
販売元:NHK出版
(2012-07-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラックNHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック
アーティスト:V.A.
販売元:日本コロムビア
(2012-02-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る