31日ロンドン五輪女子サッカー1次リーグ第3戦日本対南アフリカ戦が行われ、

0対0でなでしこジャパンが控え組中心の試合を展開し2位で予選リーグ通過を決めた。

試合は序盤からエンジンを掛けずにプレーするなでしこジャパンに

南アフリカは身体能力を活かした個人技で攻撃するが連動性が無くあまり驚異的なシーンがない。

対する日本も攻撃陣を多数入れるもゴール前を脅かすシーンは作るも

無理にゴールを狙わず前半を折り返す。

後半日本はゴール前でボールを回すも無理な攻撃はせず

キープ重視の戦術を取り続けてリスクを冒す事なく試合を終えた。

これでなでしこジャパンはグループリーグ2位で突破し決勝トーナメントへ主力の温存に成功した。
元々この試合は主力を温存して2位通過を狙った戦いだったので

戦うプランは完全に成功したと言って良いだろう。

主力の澤、阪口、大野、川澄、鮫島、大儀見らを温存した事で

準々決勝では中盤、前線の運動量を確保する事に成功した。

出場メンバーを観てもFW4人起用という大胆なメンバー起用で挑むところは

恵まれた組み合わせだったという事になる。

南アフリカは既に予選リーグ敗退が決まっていたので日本にとって

それほど脅威を感じずに戦えたはずだ。

特にこの試合で書く事はないし、

この試合は主力の温存をして無得点、無失点で終わる事を果たした。

次はいよいよメダルの1番の関門である準々決勝だけれど、

ここを突破すればあと2試合試合をできるだけに悲願のメダルを目指して全力で戦ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。