8日大河ドラマ「平清盛」第27話を視聴した。

今回は二条天皇と後白河上皇を幽閉した義朝は清盛が攻めてくるのを待っていた。

しかし清盛は一向に動く気配はない。

そんな中清盛は着実に切り崩す策略を練っていた。

一方中納言信頼の横暴に朝廷は体を成さないと悟った者たちが次々と清盛を訪れ、

清盛はこの時を待っていたように動く。

清盛は幽閉された二条天皇と後白河上皇を救出しこれにより形勢が逆転し、義朝が朝敵となった。

そしてついに清盛は義朝を攻めて、最初こそ一時撤退するが、これが義朝をおびき寄せる策略だった。

これにより義朝たちはおびき寄せられ、

清盛と義朝は最後の一騎打ちに挑み義朝は清盛に敗れて敗走するシーンがメインだった。
ストーリー

義朝の挙兵を知って、京に戻った清盛は動かなかった。

むしろ新しく権力の座についた中納言・信頼に恭順の意を示す証書を差し出すと言い、

一門を驚かす。証書を持った家貞が内裏を訪ねると、

そこは東国の粗野な源氏兵に占拠され、朝廷の体をなしていなかった。

平氏は連日宴を催し、義朝は攻めてこない清盛にいらだちを募らせた。

もう平氏は攻めてこないと源氏が油断したその時、清盛は動いた。

源氏に捕らえられていた後白河上皇と二条天皇の救出に成功。

平氏は官軍となり、清盛は全軍に攻撃命令を下す。

清盛と義朝、最後の対決がいよいよ始まろうとしていた・・・

以上NHK平清盛HPより


今回は義朝が二条天皇と後白河上皇を幽閉した事により有利な立場にあった。

この状況では清盛もさすがに信西を殺されたからといって攻める事ができない。

そこで清盛は時を待つ事にした。

血気盛んな源氏にとって平氏の動かない策略は殺気を次第に奪っていく。

そんな中中納言・信頼の頼りなさに従った者たちは次第に不安を感じ次第に清盛に泣きついてきた。

元々朝廷に極力してきた平氏は朝廷にとって拠り所だった訳で

源氏が寝返ったとなれば自然と平氏を頼るのが当然と言えば当然だ。

そしてこの時を待っていたの如く清盛は二条天皇と後白河上皇の救出作戦を決行した。

作戦は兵士たちを酒で酔わせて眠らせた上で救出するというものだった。

この作戦は長い期間酒に飢えていた兵たちには効果があり、

二条天皇と後白河上皇ら一行は見事に救いだし、

これにより二条天皇から逆賊義朝らを討て!

という命が下った事でいよいよ大義名分ができた事で

清盛は思い存分義朝を攻める事ができるようになった。

計られた義朝は焦ったが既に囲まれており、迎え撃つが最初こそ平氏は敗走するものの、

これも清盛の策だった。

おびき寄せられた義朝たちは兵力の差になすすべなく敗走し、

その途中で清盛と義朝は最後の決着をつけるべく一騎打ちをするのだった。

最後の一騎打ちでは見事に清盛が勝利したものの、

清盛にとってもこの戦非常に無念を滲ませるものとなった。

次回は義朝が捕まり、一族の処遇を清盛に委ねられるが

果たして清盛はここでどんな判断を下す事になるのか?

その決断に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2012-05-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


武士の王・平清盛 (歴史新書y)武士の王・平清盛 (歴史新書y)
著者:伊東 潤
販売元:洋泉社
(2011-10-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラックNHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック
アーティスト:V.A.
販売元:日本コロムビア
(2012-02-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ「平清盛」続・完全読本 (NIKKO MOOK)NHK大河ドラマ「平清盛」続・完全読本 (NIKKO MOOK)
販売元:産経新聞出版
(2012-06-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る