22日巨人対東京ヤクルト戦が長野オリンピックスタジアムで行われ、

2対5で東京ヤクルトがバレンティンの2本のホームランで勝利し、

巨人はリーグ再開を勝利で飾れなかった。

試合は巨人先発内海投手、東京ヤクルト先発赤川投手の投げ合いで始まり、

4回に東京ヤクルトが5番バレンティンのホームランで先制すると、

7番宮出選手のタイムリー2ベースで2点を先制する。

7回にはまたも5番バレンティンの3ランでリードを5点に広げたが、

その裏巨人は無死1,3塁から6番由伸選手の内野ゴロ、

8番谷選手の内野ゴロの間に2点を返したが、

その後東京ヤクルトの中継ぎ陣に抑え込まれ、

最後は抑えのバーネットが抑えて巨人はリーグ再開を白星で飾る事ができなかった。

これで巨人は交流戦の勢いをリーグ戦初戦に活かせずに敗れた。
交流戦ではセリーグ初優勝を飾った巨人に対して

東京ヤクルトは交流戦最下位を逃れるのがやっとという成績だったが、

リーグ戦に戻って再び東京ヤクルトは巨人の出鼻を挫いた格好となった。

リーグ戦では巨人は5割の戦いをしていただけに

リーグ戦でこれを貯金に結び付けなければ交流戦10の貯金が活きてこない。

この試合の敗因はバレンティンを抑えられずに2本もホームランを浴びた事に尽きるので

いくら飛ばないボールでもパワーヒッターには甘いボールは禁物だという事だ。

リーグ戦に戻った事で再び1カード3試合を消化して行く。

ここで2勝1敗ペースを週間維持できるかが中日を捉えて抜く事ができるかどうかとなるだけに

連敗は避けたいところだ。

スキャンダル問題があるものの、試合になればそれは別なので、

この不始末はリーグ戦の結果とシーズンが終わってから判断すれば良い。

個人的にはやむなしとは思っている。

シーズン前からリーグ1位、及びCS突破以外は解任という考えなので

それ以外の要素が加わったという事だ。

とにかく今はリーグ戦に集中して行こう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。