9日巨人対埼玉西武戦が東京ドームで行われ、

4×対3で巨人が村田選手のサヨナラタイムリーで勝利し

交流戦のカード負け越しを阻止し交流戦優勝へ大きく前進した。

試合は巨人先発東野投手、埼玉西武平野投手の投げ合いで始まり、

初回に埼玉西武が4番中村選手の2ランで先制するも、

その裏巨人は1番長野選手のホームランで1点差にする。

4回に巨人は6番由伸選手のホームランで同点に追いつくと、

7回に5番阿部捕手のタイムリー2ベースで勝ち越したが、

9回に埼玉西武は抑えの西村投手を攻めて内野ゴロの間に同点にされたが、

その裏巨人は無死満塁から4番村田選手のサヨナラタイムリーで巨人は埼玉西武に競り勝った。

これで巨人は交流戦でのカード負け越しを阻止し交流戦優勝へ大きく前進した。
先制されても慌てずに着実に返す展開はそれだけチーム状態が良いからできる事であり、

2回から8回まで無失点に抑えた投手陣の踏ん張りも大きい。

ホームランも交流戦に入ってから出始めたし、

打球を観る限り確りボールをミートすればスタントインできるだけに

正確性ある打撃があればボールが飛ばない事はそれほど関係ないと感じる。

投手陣もマジソンが機能し始めてから3枚確り固定できている事もあり

これが先発投手陣が6回以上投げればよいという指標にもなっている。

今の打線の繋がりがあれば連敗する可能性は極めて低いだろう。

これで交流戦優勝に大きく前進しただけに

残り3カードで千葉と北海道との直接対決で1勝1敗で乗り切れれば

交流戦優勝をほぼ手中に収められるだけに千葉との直接対決初戦に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。