25日千葉ロッテ対巨人戦がQVCマリンフィールドで行われ、

2対4で巨人が谷選手の2打点、長野選手、坂本選手のタイムリーで得点を重ねて

内海投手が8回2失点に抑えて交流戦7連勝とし、3年ぶりの10連勝を飾った。

試合は千葉ロッテ先発渡辺俊投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が7番谷選手のタイムリーで先制すると、

4回には1番長野選手、3番坂本選手のタイムリー2ベースで2点を追加し、

6回には7番谷選手のタイムリー4点リードとした。

しかし8回に千葉ロッテが代打田中選手の2点タイムリー2ベースで2点差にするも、

先発内海投手が後続を抑え、最後は抑えの西村投手が抑えて巨人が交流戦7連勝、

リーグ戦含めて10連勝とした。

これで巨人は交流戦負けなしの7連勝で交流戦首位をキープし連勝はまだまだ続く。
7試合で7失点!これはサッカーの失点数ではなく、

現在交流戦における巨人の総失点数!当然防御率1点!

という驚異的な数字にあとは打線が2点以上取れば勝てるという数字でもある。

とにかくここ7試合得点の取り方が実に着実に1点を取りに行く取り方ができているので、

それぞれチャンスを作る事に専念し、

そのチャンスを迎えた打者が活かすという打線としては理想的な取り方ができている。

この試合では先頭打者を出塁したら得点圏へ走者を進め、

そしてチャンスにタイムリーを打つ事ができているだけに

強いチームの勝ち方はこういう戦いができるものだ。

当面のライバルとなる千葉、東北、北海道と続くだけに

ここで確り叩いておけば2順目はかなり有利に戦えるだけに

上位対決では1勝1敗は最低キープしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。