22日埼玉西武対巨人戦が西武ドームで行われ、

2対5で巨人が坂本選手のホームランなどで勝利し交流戦5連勝で交流戦単独首位をキープした。

試合は埼玉西武先発牧田投手、巨人先発ホールトンの投げあいで始まり、

4回に巨人が3番坂本選手のホームランで先制するも、

埼玉西武は6回に6番ヘルマンの犠牲フライで同点に追いつく。

しかし7回に巨人が1死満塁から1番長野選手のタイムリー内野安打で勝ち越すと、

代打亀井選手のタイムリー2ベースでさらに2点を加えた。

そして9回には4番村田選手のタイムリー2ベースで追加点を加えた

巨人が最後は抑えの西村投手が1点を失ったものの逃げ切り、

巨人は引き分けを挟んで8連勝、交流戦5連勝を飾った。

これで巨人は8連勝で貯金を5として、交流戦優勝へ大きな貯金を手にした。
交流戦になり先発陣が揃っているチームとそうじゃないチームの差が出てしまうんだけれど、

今年の巨人は内海、杉内、澤村投手の3人が防御率1点台である事もあり、

週4試合しかない交流戦では3人を軸にした戦いができる事も5連勝に繋がった。

3人が投げる試合では2点以上取ればかなりの確率で勝てる訳だから中継ぎ陣も揃っており、

問題は打線だけだったものの、

1番に長野選手、3番に坂本選手を入れ替えてから打線が機能し、

大爆発とまではいかないものの着実に点を取れる状況にはなっている。

あとは多少選手の入れ替えはしているものの、

1番と3番を完全固定できた事と、

入れ替えた事で役割がより明確になり適性に見合った事が大きい。

先発陣が良く、リリーフ陣も整備されている以上チームは確り機能するのは当然と言える。

今は交流戦なのでここでパシフィックリーグの8連覇を阻止するチャンスが

巨人に巡っていただけに、このまま連勝を伸ばしていきたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。