20日巨人対福岡ソフトバンク戦が東京ドームで行われ、

5対1で巨人が澤村投手の自らのタイムリーと坂本選手のホームランで

苦手福岡に連勝し交流戦4連勝を飾った。

試合は巨人先発澤村投手、福岡先発岩嵜投手の投げ合いで始まり、

3回に巨人が8番ボウカーのタイムリー2ベースで先制すると、

4回には3番坂本選手のホームラン、9番澤村投手の2点タイムリー2ベース、

1番長野選手のタイムリーで4点を追加した。

先発澤村投手は7回途中を1失点に抑え、2番手福田投手、3番手マシソン、

最後は抑えの西村投手が抑えて巨人が苦手福岡から2連勝を飾り、交流戦4連勝とした。

これで巨人は交流戦4勝負けなしで首位に躍り出てビジター4連戦に挑む。
両エースが見事に福岡打線を抑え込んだ事も大きいけれど、

やはり福岡にとってエース3人を放出した影響を大きく受けた2連戦となった。

昨年までなら和田、杉内投手がいて2連勝そのものが困難だったが、

両左腕がいなくなった事とホールトンも抜けた事で先発陣が苦しい事が伺える。

そこを確り攻略できた事も打線として大きいし、

交流戦に入り打線が機能しているのが1番大きいだろう。

長野選手、坂本選手を入れ替えた事で役割にマッチした打撃をしているし、

何より坂本選手が3番を打つようになって1,2番は

3番にチャンスを作る事がより明確になったのもある。

坂本選手の得点圏打率4割前後がその大きさを物語っているので

チャンスに強い3番坂本選手が打線を機能させている。

それ以外でも終盤の代走攻勢も有効に機能しており

この攻撃が継続できれば得点力はさらにおおきくなるだろう。

澤村投手も勝ちに恵まれなかった時期もあったけれど、

防御率が1点台前半という事で先発として十分仕事を果たしている。

あとは中継ぎもマシソンがセットアッパーとしての目途が経つようになってから

安定するようになっただけにこの調子で貯金を増やしたいところだ。

次はDH制のあるビジター4試合になるけれど、ここで確り4試合勝ち越せるか?

その戦いぶりに注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。