19日巨人対福岡ソフトバンク戦が東京ドームで行われ、

2対0で巨人が阿部捕手の2ランを内海投手が守り切り交流戦3連勝を飾った。

試合は巨人先発内海投手、福岡先発摂津投手の投げ合いで始まり、

5回まで両チーム無得点で迎えた6回巨人は無死1塁から5番阿部捕手の2ランで先制すると、

先発内海投手が8回まで2安打に抑えて、9回は2番手山口投手が2人を抑え、

最後は抑えの西村投手が1人を抑えて福岡に勝利し交流戦無傷の3連勝とした。

これで巨人は交流戦3連勝で貯金を3とし、幸先のよい交流戦スタートとなった。
内海投手が好投していただけにやはり打線が応えない訳にはいかない試合だった。

チャンスでは明らかに巨人の方が初回から作っていたし、

走者を確り溜めてチャンスを作っていたのでチャンスを作り続ければ

必ず点に結びつく事がこの試合では確り実践できた。

オリックスに2連勝した事で交流戦セントラルリーグとして

初優勝を目指すキッカケになったゲームになるためには福岡に連勝できるかに掛かっている。

連勝できれば宮国、杉内、内海、澤村投手で回していく事で連敗は避けられる事になるし、

貯金を4つ確保して行けば連勝できるカードが出てくる事にもなるので

まずホーム4連勝できるようにしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。