8日巨人対横浜戦が宇都宮で行われ、

7対7で9回2アウトから阿部捕手がまさかの落球で勝ちを逃して同点にされて

事実上の負けに等しいドローとなった。

試合は巨人先発宮国投手、横浜先発小杉投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番坂本選手のタイムリーで先制すると

5番阿部捕手のタイムリー2ベースで追加点を上げた。

2回には9番宮国投手のスクイズで追加点をあげ、

3回にも巨人は1番長野選手のタイムリー2ベースで追加点を叩き出した。

しかし横浜は5回にレフト谷選手の後逸で1点を返すと、

6回に代打小池選手の2点タイムリーで3点差にし、

3点差と迫った9回に横浜は2アウトから4番ラミレスのタイムリーで1点を返すと、

5番中村選手の内野フライでゲームセットと思った瞬間

阿部捕手がまさかの落球で1点差にされると、

6番吉村選手に同点のタイムリー2ベースを浴びて同点に追いつかれた。

何とか同点で抑えたものの、最後は横浜の守護神山口投手が

巨人打線にサヨナラを許さずゲームセットした。

これで巨人は勝てる試合を自ら落とし横浜に勝ちに等しいドローを献上する大失態を演じた。
勝てる試合を自ら手放すという何とも情けない試合展開にこれでアツいぜ!

チケットを販売していたら殆どの人が全額返金を迫ったでしょうね。

それ位勝てる試合を自らのミスで逃すというほど情けないものはない。

野球は9回2アウトからというけれど、横浜にとってはその言葉を信じて同点に追いついた。

しかも最後は野手全員を使い切って投手がそのまま打席に立ち

9球も粘る大健闘を演じる巨人の大失態はお粗末極まりない。

横浜も一時期打線が低迷し悩んだ時期もあったけれど、

ある時期から吹っ切れた事で打線が纏まり出した。

最終回も最後まで諦めない姿勢が同点に導いただけに

このドローは今後の勢いをつけてしまうほどのドローになっただろう。

こんな試合を今後も続けているようでは原監督の解任までのカウントダウンが点灯する事になるだけに

選手たちは今日の試合は自分がミスして負けたを肝に銘じるべきだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。