18日スタートのドラマ「クレオパトラな女たち」を視聴した。

このドラマは美容整形クリニックを舞台にしたドラマで様々な理由で

自らの体にメスを入れて生まれ変わろうとする人たちの姿が描かれ、

その世界に飛び込んだ整形外科医の苦悩が描かれるストーリーである。

美容整形で人生を変えたい人が多い現在、

美容整形について正面から向き合うドラマとしては実に色々考えさせられていく事になるだろう。
美容整形で人生を変えたいという女性は少なくない。

私個人としては体にメスを入れる場合は大怪我や病気になった時以外はしたくないんだけれど、

通常の怪我でも傷跡が残る事は少なくないし、当然その痛みが残る事もある。

特に骨を削ったりすれば尚更痛みが一生付きまとう事だってあり得る。

でも自らの体にコンプレックスをもって生きている人にとっては

その痛みと引き換えにしても変えたいという人がいる。

その気持ちも解らないでもないし、その経験があれば尚更とは思う。

ゆえに自らは変えたくないけれど、他人が変えたいという事は否定する事はできないと考えている。

そんな世界に両親の借金のために働く事になった形成外科医が

色々な患者に接する事で苦悩して行く姿も描かれる。

はたして体を変えたい女の心境とは・・・

キャスト

岸峯太郎演じる佐藤隆太

市井睦演じる稲森いずみ

岸谷葵演じる北乃きい

黒崎裕演じる綾野剛

富坂昇治演じる三浦翔平

星田美羽演じる芦名星

村松春演じる宮地雅子

土井珠子演じるいせゆみこ

中尾志野演じる奥田恵梨華

佐藤綾香演じる杉本有美

田淵もえ演じる小篠恵奈

岸慎太郎演じる山崎一

湯川マリ演じる余貴美子

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

大学病院の形成外科医だった岸峯太郎は、

美容整形専門のビューティー・サージャリー・クリニック(BSC)に転職。

実は女性が苦手で健康な体にメスを入れるのにも否定的だったが、

父・慎太郎が作った多額の借金を返済するために給料のいい美容外科の仕事をすることにしたのだ。

峯太郎がBSCに初出勤すると、スタッフは全員女性で美女ばかり。

彼女たちのほとんどが整形していて、

峯太郎の顔を見て「アゴを削ればいい」と言い出したり、遠慮がない。

そんな彼女たちに、峯太郎はあ然とする。

峯太郎は、先輩医師の睦の下で勉強することに。

睦は峯太郎に、ホクロ除去希望の患者を任せる。

しかし、峯太郎は応対がうまくできず、患者は怒って帰ってしまう。

整形したいと願う女性の気持ちが理解できない峯太郎に、

睦は「美容整形は生きるモチベーションを上げる究極の医療」と言い、

院長のマリは「顔をいじることは命のやり取りそのもの」と言うのだった。

BSCに、整形した顔を元に戻してほしいという患者・華が訪れる。

彼女は62歳だったが、整形で若々しい容姿になっていた。

華は夫に「顔も見たくないくらいに老けた」と言われたのを気にして整形したのだが、

整形した華の顔を見た夫は「きれいになって浮気しそうだから離婚する」と言い出したのだという。

夫と別れたくない華は、前の顔に戻したいと言ってきかない。

とはいえ、整形した顔を元に戻すのは不可能。

華と夫の一郎の説得をすることになった峯太郎は、

二人の話を聞いているうちに奇想天外なアイデアを口にしてしまう…。

以上日テレクレオパトラな女たちHPより


今回は借金返済のために給料の良い美容整形ビューティー・サージャリー・クリニック(BSC)に

転職した峯太郎は初日早々女性ばかりの職場に戸惑う。

峯太郎は元々女性不信でもあったためにこの職場に来た事を後悔している。

そんな中初日早々様々な美容整形手術や診察が目まぐるしく回っていく。

そんな中峯太郎は1人の患者の診察で自らの体にメスを入れるものじゃないと

言ってしまいその女性は死にたいと言ってその場を去ってしまった。

それに睦が峯太郎に厳重注意し、

ナースの葵は美容整形で人生が変わった自らの経験から

美容整形に肯定的な意見を話す。

確かに美容整形にもいろいろあるんだけれど、

今回訪れた患者というのは小さい時からそのほくろがあるために

嫌なあだ名を付けられたり、いじめの対象になっていた事は容易に想像できる。

そういう人にとってほくろを取りたいと思うのは自然な気持ちではある。

そんな中で戸惑う峯太郎は次々患者と向き合いながら

本来の外科手術の腕を見せていく。

元々手術の腕は相当なものがあるようだし、

それでこの美容整形が採用したようなものですからね。

美容整形の中で豊胸手術もあるけれど、

胸の小さい人にとっては胸が欲しいと思う人もいるし、

彼氏ができれば彼氏にとって胸がある方が良いと思う人もいる。

ただ個人的には胸で好きになるという事よりも性格で好きになる事が多いね。

その結果胸があったという方が良いと思うけれど、

女性はそれを気にしてしまうのでしょうね。

そんな中で一度整形した女性が元に戻してほしいと言ってくる。

残念ながら1度整形をしてしまうと元には戻せないのは言うまでもない。

それに同意して整形しているという事を忘れてはならないし、

やはりそれを望んで変わった人もいる訳で、

それを後悔する前に確りと美容外科では念を押している。

ただ美容整形した後にやっぱりなんていうのはそれは客のわがままだと私は思います。

それにその費用が所民にはとても手が出ない破格の額ですから

私からしたらとてもじゃないけれどそんな額使うなら別のところで使う。

そしてその事で峯太郎は妻の夫も美容整形を勧める事を言ってしまい

夫も美容整形をする事になってしまうのだった。

老いていくのは誰でも同じですから若々しくありたいという気持ちはわかりますけれどね。

それでも峯太郎はまだまだ理解するまでに時間を要しそうだ。

そんな中で峯太郎はほくろの患者が再び訪れ、そして手術してほくろを除去した。

この子にとってはほくろが無くなった事で新しい人生を歩んでいくのだと思う。

次回は子供の美容整形に峯太郎は再び苦悩する。

果たして子供の美容整形とは一体どんなものなのだろうか?

その手術に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。