15日大河ドラマ「平清盛」第15話を視聴した。

今回は落馬で家盛を失った平家はその悲しみだけでなく、

その災いは清盛がもたらしたと名指しで問い詰める。

それでも忠盛は清盛のせいにすることなく振舞ったが、平家は混乱が続く。

そんな中忠盛は鳥羽院への忠誠心を示す上で清盛を名代に推し進める。

しかしそれから時が経ち忠盛は頼長から家盛は一門を売ったという事を知らされ

激怒するもその事実を知り忠盛の気持ちは固まった。

だが清盛は家盛の死をようやく受け入れ家盛の死の経緯を知り気持ちに区切りがついた。

その頃源氏ではただならぬ事態に陥ろうとしたシーンがメインだった。
ストーリー

家盛は、左大臣・頼長の謀略にはまり、失意のうちに落馬して命を落とす。

突然の訃報に信じられない清盛。

冷たくなった家盛を前に、狂ったように泣く宗子。

忠正は家盛が死んだのは全て清盛のせいだとつかみかかる。

そんな中、忠盛は、息子の死に揺らぐことはなかった。

忠盛は鳥羽院への忠誠を改めて誓い、

高野山の宝塔再建を清盛の名代でおしすすめることを進言する。

この大役を務めあげることが、我が子・家盛の供養だと考える忠盛だが、

清盛は失意から立ち直らないまま、再建を進める。

やがて一年がたち、院号をうけて美福門院となった得子に呼ばれた忠盛は、

この再建が落成のあかつきには、公卿の地位も夢ではないということをほのめかされる。

高揚する忠盛。

しかし、そのとき頼長が忠盛の前にあらわれ、家盛は全て自分を差し出し、

自ら平氏一門を売ったのだと告白。

忠盛の押さえていた感情が爆発する。

以上NHK平清盛HPより


今回は家盛の死をキッカケに平家が揺れに揺れる。

元々清盛を快く思っていなかった者たちはこの一件を清盛のせいと押し付ける。

まあ当時は災いという迷信を信じていた部分が大きかっただけにその気持ちは解らなくはない。

それでも忠盛の気持ちは揺るがなかった。

悲しみに暮れる清盛だったが、それから時が経ち忠盛は

頼長から家盛は平家を自ら売った事を知り愕然とするも、

それを知った事でさらに清盛に平家を任す決心がついていた。

一方清盛も家盛の死の経緯を知りようやく死を受け入れ前へ進み始めようとしていたのだった。

確かに武士が戦でもないところで落馬で亡くなるのは武士の恥でもあるんですけれどね。

紆余曲折を経て平家は次第に纏まりを取り戻した。

次回は忠盛が病に倒れ清盛が平家の棟梁となる時が迫る。

果たして清盛は忠盛から何を遺言としてうけいれるのだろうか?

その遺言に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK)NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK)
販売元:産経新聞出版
(2011-12-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


武士の王・平清盛 (歴史新書y)武士の王・平清盛 (歴史新書y)
著者:伊東 潤
販売元:洋泉社
(2011-10-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


平 清盛 二平 清盛 二
販売元:NHK出版
(2012-03-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラックNHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック
アーティスト:V.A.
販売元:日本コロムビア
(2012-02-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る