13日横浜対巨人戦が横浜スタジアムで行われ、

0対6で巨人が今シーズン初のホームラン攻勢と先発澤村投手の

史上14人目の1イニング4奪三振を記録する1安打完封勝利で4連勝とした。

試合は横浜先発ジオ、巨人先発澤村投手の投げ合いで始まり、

4回に巨人が7番小笠原選手のタイムリー2ベースで先制すると、

8番寺内選手の犠牲フライ、1番坂本選手のタイムリー2ベースで3点を先制すると、

6回には1番坂本選手、4番阿部捕手の今シーズン第1号で追加点を上げて、

8回に4番阿部捕手の2打席連続ホームランで試合を決めた。

投げては先発澤村投手が4回にヒットを許した以外ヒットを許さず

5回に1イニング4連続三振の史上14人目の記録する珍記録のおまけつきで1安打完封勝利した。

これで巨人は引き分けを挟んで4連勝とし借金返済が近づいて来た。
打線が繋がるようになってから得点力が上がってきた訳で、

これだけの援護ができればリーグ屈指の先発陣を要する巨人は終始有利に試合を展開できる。

4連勝のキッカケが2番に谷選手が入ってからなだけに

原監督の2番ボウカーの起用は間違いだったという事になった訳だけれど、

やはり2番に繋げる選手がいるだけで打線が機能するというのも野球の面白いところだ。

谷選手はこの試合4回以外の3打席は3三振なのだが

それでも繋げる打者が2番にいるだけで打線が繋ぐ意識が芽生えるのは

それだけ選手たちも起用される選手次第で打線は変わるという事を自ら示した感じだ。

とにあえず1,2番が出塁し3,4番で返す形ができた事で

ようやく巨人は打線の基本に戻ったと言って良いだろう。

そして澤村投手については四球が3つあった以外は文句なしの投球だっただけに

打線の援護があれば勝ち星が伸びていくだけに最少失点に抑えて行くようにしてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。