11日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

5対1で巨人が村田選手のチーム今シーズン初ホームランで勝利し引き分けを挟んで2連勝とした。

試合は巨人先発ゴンザレス、中日先発中田投手の投げ合いで始まり、

初回に中日が5番和田選手のタイムリーで先制を許す。

しかし巨人は3回に3番長野選手、4番阿部捕手の連続タイムリーで逆転に成功する。

7回に1番坂本選手のタイムリーで追加点を上げると、8回に5番村田選手の2ランで突き放し、

最後は抑えの西村投手が2イニングを抑えて巨人が引き分けを挟み2連勝とした。

これで巨人は今シーズン初ホームランでいよいよ打線にエンジンが掛かってきた。
今シーズン初ホームランが飛び出したけれど、

やはり2番に谷選手を入れてから打線が機能し始めた事が大きい。

元々2007シーズンに2番を打っていただけに2番を打つ事に抵抗はなく、

レフトの守備なら問題なく守ってくれる事もどこかの外人を起用するよりも確り結果を残してくれる。

1,2番が機能すれば自然と打線は機能するだけに

この3試合では2番谷選手の起用が確り効果的な結果をもたらしている。

投手陣もこれだけの援護があればそれなりに抑えてくれる先発陣が揃うだけになるべくなら

7イニング以上を投げてくれると中継ぎ陣は楽になる。

借金4をまだ抱えるもののコツコツ借金を返済して

4月を5割以上を確保していく事を目指して行ければと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。