10日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

6対6で9回時間切れ引き分けに終わり、巨人は10試合連続ホームランなしの記録を更新した。

試合は巨人先発ホールトン、中日先発雄太投手の投げ合いで始まり、

初回に中日が4番ブランコの犠牲フライで先制するも、

その裏巨人は5番村田選手の押し出し死球、6番由伸選手の2点タイムリー、

7番小笠原選手の犠牲フライで4点を取り逆転に成功する。

2回にも4番阿部捕手の犠牲フライで1点を追加し、

3回に中日に1点を返された。

しかし6回に中日は巨人先発ホールトンを捕まえ8番谷繁捕手の押し出し四球、

代打山崎選手の同点タイムリー2ベース、2番大島選手の逆転タイムリーで逆転される。

このまま終わると思われた土壇場9回巨人は抑えの岩瀬投手を捕まえ

3番長野選手の内野ゴロをショートがエラーして同点に追いつくと、

5番村田選手がライトへヒットを放つも代走の鈴木選手が

ホームでタッチアウトとなりサヨナラはならなかった。

これで巨人は今シーズン初のドローゲームとなり、

開幕からのノーアーチを10試合と新記録を更新した。
本来なら5点取った試合は絶対勝たなければならないだけに

1度逆転されながら追いついただけでも良かったと思うしかない。

とにかく6回のホールトンが捕まった事が1番痛かった訳で

ここさえ乗り切ればこの試合完全に勝ちゲームに持ち込めた。

ただ打線については2番を入れ替えた事でかなり機能し始めただけに

2番にはやはり繋げる選手を配置すればクリーンナップの破壊力はある訳だから

当面は2番谷選手を起用し続けて行った方が良いだろう。

個人的にはノーアーチが続いてもそれほど気にならないし、

ノーアーチだからと言って点が取れない訳じゃないから

今日のように繋いで点を取り続ければ必ずホームランが出始めると思う。

ノーアーチを気にするより得点を取って確り逃げ切る事を念頭に置いてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。