6日阪神対巨人戦が阪神甲子園球場で行われ、

2対0で阪神が能見投手の完封で勝利し、

巨人は7試合で早くも4度目の完封負けを屈し原監督の愚痴と無策だけが露呈された。

試合は阪神先発能見投手、巨人先発澤村投手の投げ合いで始まり、

無得点のまま迎えた5回阪神が1番平野選手のタイムリーで先制する。

巨人は3回と5回にヒットを打ったものの、それ以外のイニングではヒットすら打てず、

7回に阪神が追加点を上げて、8回にもダメ押しの1点を入れた阪神が

先発能見投手が最後まで巨人打線を寄せ付けず完封勝利を飾った。

これで巨人はまたも先発陣を見殺しにし、原監督の無策ぶりばかりが目立つ試合だった。
何か変えると思われただけにその姿勢すら見られなかった。

まず外国人選手にバントをさせる事そのものがまずそんなために

この外国人獲得したというならこの時点で獲った意味がまるでないと断言できる。

2番に相応しい選手は他にもいないならともかく、

明らかにいる以上2番に適さない選手をどうして2番に起用するのか

もはや野球通のファンだけでなく解説者すら説明が難しいのではないだろうか?

これ以上無策が続くようなら監督解任問題に発展しても不思議じゃないだけに投手陣の受難は続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。