3日広島対巨人戦がマツダスタジアムで行われ、

4対0で広島が巨人打線を完封リレーで抑えて勝利し、

巨人は早くも開幕4試合で2度目の完封負けを屈した。

試合は広島先発大竹投手、巨人先発ホールトンの投げ合いで始まり、

2回に広島が6番広瀬選手のタイムリーで先制する。

巨人も走者は出すもののチャンスを活かせず迎えた

6回広島は8番倉捕手のスクイズで追加点を上げると、

8回にはまたも8番倉捕手の2点タイムリー2ベースで試合を決めた。

最後は抑えのサファテが3クリーンナップを三者三振に抑えて

巨人は4試合目で2度目の完封負けを屈した。

これで巨人はまたも完封負けを屈して攻撃の形を作れない監督の采配に問題がありそうだ。
4試合で2度の完封負けという何の工夫もない攻撃ばかりでは

いくら選手が揃っていても意味を成さない。

確かに選手は揃っているもののこの打順からでは一体どんな野球をやりたいのか?

という点ではただ打つだけという打線でしかない。

特に2番にボウカーという外国人だがオープン戦では好調だったが、

公式戦となり完全に研究されてしまった格好だし、

この打者を2番で使う意味が私には良くわからない。

長打力の2番とはいうものの、この打順を考えるとやはり2番は

出塁率とアベレージが打てる選手でなければならないし、

そうでなければ足が速い選手を起用する事で

3番以降に対して相乗効果を作る事ができるが、

そもそも出塁率の悪い坂本選手を1番で起用する時点で

そもそも昨シーズンの反省が全く活かされていない。

今季は打撃陣には有利な予告先発なだけに亀井、藤村選手を起用するなら

1,2番で起用した方がはるかに効率の良い攻撃ができたのではないだろうか?

それに坂本選手の起用法についても昨シーズン1番に起用して出塁率が

3割そこそこだった事も踏まえても今の打線を踏まえると

5番起用が最も適した起用ではないだろうか?

チャンスに強いという点ではピッタリだと感じる。

村田選手や由伸選手、小笠原選手はそれこそ6〜8番を打てば

かなり強力な打線になるはずだし、

相手にとっても気を抜けない打線になるだろう。

個人的には1番には長野選手を起用して

3番に坂本選手を起用した方が機能するとは思うし、

打順の組換えもそれほど苦しまないと感じる。

2番の起用法が難しいのは察するけれど、

本当に攻撃的な2番を考えるならそれこそ日本ハム時代に経験ある

小笠原選手の2番起用も面白いとは感じる。

いずれにしたところで現在出ている結論は1番坂本を5番もしくは3番で起用する。

2番にはボウカーではなく藤村選手のような足の速い選手か

小笠原、由伸、谷選手のような2番経験ある強打者を起用する。

投手陣についてはやはり援護点がないと苦しいだけに

当面は1点を与えないように踏ん張ってほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。