30日セントラルリーグ開幕戦巨人対東京ヤクルト戦が東京ドームで行われ、

0対4で東京ヤクルトが先発石川があわやノーヒットノーランの好投で

巨人打線を8回まで完全に抑えられ開幕戦完封負けを屈した。

試合は巨人先発内海投手、東京ヤクルト石川投手の投げ合いで始まり、

3回に東京ヤクルトが2番上田選手の2点タイムリーで先制すると、

6番宮本選手のタイムリーで追加点を上げた。

巨人は石川投手の巧みな投球の前に攻略の糸口すら掴めず、

迎えた7回東京ヤクルトは巨人の守備のミスに付け込み1点を追加した。

8回まで石川投手からノーヒットに抑えられた巨人は9回に1番坂本選手が

ノーヒットノーランを間逃れるヒットを打ち、

2番ボウカーの内野強襲ヒットと続けたものの3,4番が倒れて

巨人は開幕戦あわやノーヒットノーランを逃れるのがやっとだった。

これで巨人は開幕戦で全く攻撃の糸口を作れず早くも監督の無策ぶりを露呈した。
開幕戦からあわやノーヒットノーラン直前まで追い込まれるとはだれが思っただろうか?

というほど散々な内容だった。

特に攻撃面では大きな采配面での差が出た形だ。

東京ヤクルトは長打を狙わず繋ぎの打撃に終始し、

1つのアウトでも無駄にしない攻撃で畳み掛けたのに対して、

巨人はメンバーは揃ったものの殆ど個人任せの”打点”で攻略の糸口さえ作れない。

8回まで石川投手の奪三振がわずか3つだった事を踏まえても

いかに攻略の狙いがなかった事を裏付けている。

全くバットに当たらないほどの投球をされたというならまだわかるが、

殆ど打たされてしまっている以上攻略の糸口があったという事であり、

4回から投球数を増やすようにボールを投げさせたり、

逆方向を意識した打撃をするなどチームとしての攻略の糸口を作れなかったのが最大の敗因だ。

これはベンチがいかに攻略するかを全く考えていなかったと言わざる得ない。

内海投手の調子が悪かったとはいえ6回3失点に抑えているだけに打線の責任は大きかった試合だった。

31日は巨人が澤村投手、東京ヤクルトが村中投手が先発するが

これでまた左投手に抑えられるようだと今後多くのチームが

巨人に対して左投手をぶつけてくる可能性が高いだけに左投手攻略できる姿勢を見せる事が必要だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

読売ジャイアンツ DVD 年鑑 Season '11-'12読売ジャイアンツ DVD 年鑑 Season '11-'12
出演:読売ジャイアンツ
販売元:バップ
(2012-03-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


読売ジャイアンツ選手別応援歌2012読売ジャイアンツ選手別応援歌2012
アーティスト:ヒット・エンド・ラン
販売元:USMジャパン
(2012-03-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


BATTING HERO 長野久義 2011 [DVD]BATTING HERO 長野久義 2011 [DVD]
出演:長野久義
販売元:バップ
(2012-03-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る