いよいよ今日よりNPBセパ同時開幕を前に両リーグの今季の予想順位をしたいと思います。

セントラルについてはほぼ決まりなのですが、

パシフィックについてはかなり予想が難しい感じがしています。
毎年順位予想をしているものの、クライマックスシリーズを兼ねてしまうと

どうしても難しくなるだけにこれはあくまでリーグ戦の順位予想としていますが、

今季の場合セントラルはほぼ巨人で決まりだと思うけれど、

肝心のパシフィックはダルビッシュ、和田、杉内、ホールトン、岩隈投手らが抜けた事で

かなりの群雄割拠になりそうな感じですし、決め手がないというのが実態だったりします。

という事で順位予想と行きます。

セントラルリーグ

1位 巨人

2位 阪神

3位 東京ヤクルト

4位 横浜

5位 中日

6位 広島


やはりどう考えても戦力的には巨人が断トツでしょうね。

杉内、村田だけでなくホールトン、真田など卒なく補強しただけに

ラミレスが抜けた事で外野守備の不安が解消され、

坂本の守備力が向上すれば守備面ではそれほど不安はありません。

唯一の不安は抑えだけであり、ここが纏まれば鬼に金棒でしょう。

2位以下となるとどのチームも決めてを欠いているんですけれど、

その中で総合力の高い阪神は今季巨人に唯一対抗できるチームだと思うし、

東京ヤクルトも投手陣が充実しているので堅実に勝っていくと思います。

横浜は球団そのものが新体制になった事と抑えの山口がいるので

先発陣さえ建て直れば最下位からの脱出は十分可能だと思います。

中日はやはり落合監督が勇退した事で高齢化したチームを纏める事が難しい事と、

チェンの穴があまりにも大き過ぎるし、

いくら中継ぎ陣が良くてもその分打てない試合が続く可能性が非常に高いですね。

広島は若手主体のチームにはなってきたものの、

嶋をトレードで出すなど全体的に厳しい戦いを強いられるのではないかと思います。

パシフィックリーグ

1位 埼玉西武

2位 オリックス

3位 北海道日本ハム

4位 東北楽天

5位 福岡ソフトバンク

6位 千葉ロッテ


パシフィックリーグは順位よりゲーム差がないシーズンになると思います。

特に福岡は杉内、和田、ホールトンが移籍し、馬原も故障と投手陣が大幅に弱体し、

野手陣も川崎が抜けた事と主力の高齢化で世代交代が急務です。

北海道は何と言ってもダルビッシュが抜けた事でその穴を埋められる投手がいないので

昨年よりは勝ち星が伸びない。

東北楽天は岩隈投手が抜け、相変わらず抑え不在が続き、

千葉ロッテも若手の台頭待ちの中で埼玉西武は比較的戦力ダウンが少なく、

打力活かして投手力をカバーするシーズンになると本領を発揮しそうだし、

オリックスは金子投手が故障から完全復帰し、

井川投手を獲得した事で交流戦以降に上位に出て来る予感がします。

これは井川投手が日本時代の活躍ができればの話ですけれどね。

とにかく投手陣が大幅に替わった事で最後まで順位が決まらないシーズンになるかもしれません。

セントラルは巨人が1位でなければ原監督の首が決定的なだけに

そうなったそうなったで面白いとは思いますけれどね。

という事でこの順位予想が大きく裏切られるだろうと思いながら予想しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。