25日Jリーグ12第3節最終日が行われ、

アルビレックス新潟はアウエー名古屋市瑞穂陸上競技場で名古屋グランパスと対戦し

1対2で前半のチャンスを活かせず後半名古屋の猛攻を受けて失点するも終了間際に

FWロペスのゴールで次に繋がる敗戦となった。

試合は前半は豪州遠征で動きの鈍い名古屋に対して積極的な運動量で

有利に立つもGK楢崎の好セーブもあり決める事ができず前半を折り返す。

後半開始早々名古屋はFW金崎のゴールで先制すると流れは名古屋に傾き、

後半25分にはFWケネディのゴールで追加点を奪われた新潟は

FW矢野を投入して攻撃的に転じるもなかなかゴールを割れず

終了間際にFWロペスのゴールで一矢報いる事だけはできた。

これでアルビレックス新潟は4年ぶりの3連敗となり不調のガンバをホームに迎える。
完全に実力差を痛感した試合ではあったもののその中で次へ繋がる試合ができた事が

この試合唯一の明るい収穫と言える。

相手は豪州から中3日、一方新潟は中4日だから運動量では新潟が良かったが、

それを前半で活かせなかったのが痛かった。

ただここで3連敗をどう受け止めるかという事なんだけれど、

今年の対戦カードを考えると新潟にとって開幕からの5試合は

本当の厳しい相手ばかりが続いている。

鬼門等々力、勝ち切れない大宮、実力差のある名古屋とホームで勝ち点を取れなかったのが

1番痛い訳だが、内容的には全く下を向くような内容じゃないのが1番の救いだ。

ただ次のホームで負けるようだと本当に拙いだけに

次のホームは何が何でも勝利するつもりで戦う必要がある。

次はホームで同じく3連敗中のガンバ大阪との対戦だが、

ここ3シーズンホームで勝利していないだけに

運動量でいかに相手を上回る事ができるか?

とにかく走り負けない展開で何としても勝ちたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

アルビプレビュー開幕編2012アルビプレビュー開幕編2012
販売元:ニューズ・ライン
(2012-03-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る