20日Jリーグ12ナビスコカップ第1節が行われ、

アルビレックス新潟はアウエー札幌ドームでコンサドーレ札幌と対戦し、

1対0でアルビレックス新潟がMFアラン・ミネイロのゴールを守り切り今シーズン公式戦初勝利を上げた。

試合は前半から選手を入れ替えて運動量に勝る札幌に苦戦するも

前半38分中央突破からMFアランのゴールで先制し前半を折り返す。

後半新潟は札幌の攻撃に苦しむ場面が続いたものの

最後までゴールを許さずこのまま終了し新潟は公式戦初勝利を上げた。

これでアルビレックス新潟は公式戦3戦目で今季初勝利を手にしアウエー名古屋に乗り込む。
2年ぶりに開催されるナビスコ杯予選リーグだけれど

過去1度も予選リーグを突破できていないだけに今年こそは突破したいところだ。

最大のライバルは鹿島、横浜、清水、神戸となるけれど、

今季は十分チャンスがあると感じている。

どのチームも監督交代や選手の入れ替わりで思うように機能していない事もあるし、

相性の悪いチームがないのもある。

今季の攻撃陣の入れ替えもし易い中で確り序盤で勝ち点を重ねられるかが

大きなポイントになるだけに序盤3試合は予選突破へ大きな試金石となる。

その初戦は今季昇格した札幌という事でここで負けているようでは

予選突破はないだけに内容よりも勝利が欲しい試合だった。

選手は五輪を戦った大輔、キャプテン本間、FW矢野、MF亜土夢が外れて、

石川、小谷野、平井らが出場したが、

これで十分戦えるメンバーなのが今季の特徴でもある。

得点シーンでは中央からパスで崩すシーンは昨シーズンにはなかっただけに

アランの個人技がようやく証明されたのは大きな試合だった。

運動量に難はあるけれど、FKの精度と個人技と決定力は思ったよりあるだけに

アランが2列目のレギュラーを確定させたのは言うまでもない。

もう1枠は小谷野、亜土夢、キム・ヨングンが争う形になりそうだ。

FWはやはりロペスと平井のコンビの方が

個人技で崩せるシーンを作れていただけに

次の名古屋戦ではロペス、平井のコンビで行きたいところだ。

これでナビスコ杯で勝ち点3を手にした。

次の清水戦で確り勝ち点を取れるかが大きなポイントになる。

そしてリーグ戦ではアウエーで名古屋と対戦する。

ダニウソン出場停止、中村直志故障で専門のボランチが吉村しかいないだけにチャンスはある。

攻撃の芽を確り摘んで運動量で名古屋を上回りたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

アルビレックス新潟 2011 シーズンレビュー [DVD]アルビレックス新潟 2011 シーズンレビュー [DVD]
出演:アルビレックス新潟
販売元:video maker(VC/DAS)(D)
(2012-03-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


アルビプレビュー開幕編2012アルビプレビュー開幕編2012
販売元:ニューズ・ライン
(2012-03-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る