7日ACL2012(アジアチャンピオンズリーグ)

予選リーグ第1節の試合が各地行われ、

柏レイソルはアウエーでブリーラムと対戦し、

2対3で競り負けACL初戦でアジアの洗礼を浴びた。

名古屋グランパスはホームで城南一和と対戦し、

2対2で終了間際に同点ゴールを奪われ勝ち点2を失った。

これでACLはFC東京だけが白星発進し、

Jリーグ王者柏がタイのチームに敗れる波乱がありアジアの厳しさを知った試合となった。
名古屋はあと1分守り切れば逃げ切れただけに惜しい勝ち点2を失った。

2失点とも不用意な守備での失点だけに悔やまれる敗戦だ。

一方柏はACL初参戦という事で注目だったが、

タイのクラブにアウエーで敗戦という結果になってしまった。

ACLでタイのクラブに敗れるのはこれが初めてになるが、

アウエーでの厳しさを初戦で痛感しただけに今回もACL制覇へ向けて厳しい船出となった。

次節では初戦で敗れたガンバ大阪、柏レイソルがどう巻き返すのか?

そしてFC東京、名古屋グランパスは勝ち点を伸ばせるのか?そこに注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。