27日ドラマ「ラッキーセブン」第7話を視聴した。

今回は昔の恋人が幽霊で出るということで調べてほしいという老女の依頼が来たものの、

さすがに幽霊の調査はできないと最初は断る。

その頃淳平がお見合いをする事になりそれを尾行した駿太郎と飛鳥はお見合いを妨害し、

お見合いは破断する。

しかし翌日その事を謝罪しに伺った淳平は再度アタックする。

その話の中で駿太郎は老女の依頼を思い出していた。

事務所に戻った淳平は瞳子から老女の依頼はさすがに酷だろうと依頼を断りましょうと言われる。

しかし淳平はそんな事を受けて老女の依頼を自費で受ける事にした。

その調査で老女の恋人の所在がわかり報告に向かう

淳平と駿太郎はそこで多額の通帳を見せられたシーンがメインだった。
ストーリー

自分の元に現れる幽霊が死んだ恋人かどうか確認してほしいと、トメという老女から依頼が入った。

奇妙な依頼に時多駿太郎は驚くが、トメはいたって真剣だった。

しかし、筑紫昌義から請け負えないと断られてしまう。

寂しそうに事務所を後にするトメの姿を見た駿太郎は心が痛む。

そんな折、旭淳平が友人から紹介された千崎陽子とお見合いをすることになった。

陽子は航空関係の仕事をしているということで、淳平は見栄を張って自分は弁護士だと嘘をつく。

その様子をこっそり監視していた駿太郎と水野飛鳥はあきれる。

すると、陽子が自分は航空関係の探偵、つまり、乗客の忘れ物を探す遺失物係だと言った。

数日後、陽子を呼び出した淳平は、嘘をついたことを謝罪し、本当は探偵だと明かした。

陽子は、自分と同じだ、と打ち解けた様子で仕事への思いを語り始める。

それを聞いた淳平は、トメのことを思い出す。

淳平が事務所に戻ると、藤崎瞳子がトメの件の報告を受けたと言った。

引き受けることにしたのか、と尋ねる駿太郎に瞳子は、

恋人の幽霊を信じるトメに幽霊はいないと告げるのは酷だろうと答える。

その後、自宅に戻った駿太郎は、母・百合子に亡くなった夫を思い出すことがあるかと聞いた。

百合子は、思い出しても戻って来るはずはないが、やはり思い出すと答える。

駿太郎はトメのことを考え…。

以上フジテレビラッキーセブンHPより


今回は2話は完全な中休み的な流れになってしまっているけれど、

探偵事務所らしい一般人の調査依頼を受けるラッキー探偵社だったが、

さすがに幽霊の調査を受けられないと1度は断った。

そんな中で淳平がお見合いをする事になり駿太郎と飛鳥は

淳平のお見合いに同行して妨害するのだった。

あまりストーリーの流れとしては意味は少なかったね。

そんな中瞳子は幽霊の調査はさすがに酷と断る事にした。

しかしそれで淳平は捜査を単独でする事にし調べるも何もなかったと報告する。

その直後駿太郎も老女の家を訪れるがそこで薬袋を見て老女の寿命が短い事を悟る。

そして淳平は自費で老女の依頼を受ける事を決意し、

老女の恋人の調査を開始するとその親族を探し当てる事に成功し、

報告に向かうと老女は最後の望みが叶い預金通帳を渡されたが

その金額はかなりのものだった。

そしてその通帳は病気の治療に使ってほしいと淳平は返したのだった。

まあ普通の探偵業務が淡々と進んだ感じだ。

次回は飛鳥が潜入捜査である女性を救出する。

それに駿太郎が助けるのだが、はたしてその潜入捜査で何を知る事になるのか?

その潜入調査に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

フジテレビ系ドラマ「ラッキーセブン」オリジナルサウンドトラックフジテレビ系ドラマ「ラッキーセブン」オリジナルサウンドトラック
アーティスト:ティム・ウィン
販売元:ポニーキャニオン
(2012-02-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る