19日サッカーJ1アルビレックス新潟は新外国人として

MFアラン・ミネイロ選手の期限付き移籍での獲得を発表した。

アルビレックス新潟は昨シーズンMFマルシオが抜けた事で得点力が大幅に低下し、

FKからの得点はわずか1点に終わるなどセットプレーに大きな課題を残した。

MFアラン・ミネイロはサイドから積極果敢な仕掛けでチャンスを量産するアタッカーで

右足から放たれる精度の高いFKも武器のひとつという事で

FKでも大きな期待ができそうだ。

これでアルビレックス新潟は補強はほぼ完了し攻撃面の大幅補強により上位を目指す。
外国人枠で起用面は難しくなるとは思うけれど、

それでも新潟にとって最も大きな課題だった

攻撃面では想像以上の補強ができたと思う。

まず残留では13ゴールを上げたロペス、司令塔ミシェウの残留、

補強面ではガンバ大阪からFW平井、高校選手権で一躍注目されたFW鈴木武蔵、

MFではキム・ヨングン、そしてアラン・ミネイロと

前線だけで外国人枠が埋まってしまう布陣だ。

5人の外国人がいるけれど、

DFキム・ジンスは20歳以下の枠で獲得したので

それでもアジア枠という点でどう選手を起用して行くのかがポイントになるだろう。

これでほぼメンバーが決まった。

契約更新

GK東口、小沢、黒河、渡辺

DF内田、鈴木大輔、増田、石川、村上、菊地

MF本間、小林、三門、田中亜土夢、藤田、木暮

FWミシェウ、ロペス、酒井宣福

残留18選手


新加入

DF大井(完全)、キム・ジンス(新人)、西村(昇格)

MFアラン・ミネイロ(期限付き)、キム・ヨングン(新人)、小谷野(完全)、中村(期限付き)

FW鈴木武蔵(新人)、平井(期限付き)、ブルーノ(復帰)

加入10選手


移籍

GK武田(期限付き終了)

DF酒井高徳(シュツットガルド期限付き)、大野(湘南期限付き)、千葉(広島)、岩崎

MFヨンチョル(大宮完全)、加藤(愛媛期限付き)、ハファエル(期限付き終了)、長谷部

FWアンデルソン(岡山期限付き)、川又(岡山期限付き)

移籍11選手


計28選手で今シーズンを戦う事になる。

現状としてこのメンバーでシステムを考えた場合、

4−2−2−2なら

GK小沢(怪我が完治したら東口)

DF

右SB村上(内田) CB鈴木 CB菊地(大井) 左SBキム・ジンス(石川)

MF

ボランチ 三門(小林) 本間

右SHミネイロ(亜土夢) 左SHキム・ヨングン(ミシェウ)

FW ロペス 平井

私が考える新システム4−1−3−2(ダイヤモンドシステム)なら

GK小沢(怪我が完治したら東口)

DF

右SB村上(内田) CB鈴木 CB菊地(大井) 左SBキム・ジンス(石川)

MF

アンカー 本間(三門)

右SHミネイロ 左SH亜土夢(キム・ヨングン)

トップ下ミシェウ(亜土夢)

FW ロペス 平井

4−1−2−3システムなら

GK小沢(怪我が完治したら東口)

DF

右SB村上(内田) CB鈴木 CB菊地(大井) 左SBキム・ジンス(石川)

MF

アンカー 本間(三門)

右MF亜土夢 左MFミシェウ(キム・ヨングン)

FW

右Wミネイロ CFロペス 左W平井


という感じになると思う。

攻撃システムはかなりいろいろ試せるだけにFWにロペスだけでなく、

平井が入った事でかなりFWの人選も広がったし、

ここに武蔵、酒井、ブルーノが絡んでくるかがポイントになるだろう。

MFも攻撃的MFでは藤田、木暮もいるのでここにどう絡んでくるかで選手層が厚くなる。

ディフェンス面では昨シーズンと大差がないので十分やってくれるだろう。

個人的には基本ベースの4−2−2−2で両サイドバックの

村上とキム・ジンスのサイド攻撃にはかなり注目している。

ボランチではやはり本間が中心だが、

年齢的に運動量を考慮すると三門が途中出場か

ダブルボランチの一角というのが理想だろう。

いずれにしても楽しみなメンバーが揃った。FKでも見せ場が今季は多そうだ。

いよいよ23日から始動するけれど、上位を目指して目標はACLと高く持って戦おう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

アルビレックス新潟プレビュー総集編2011アルビレックス新潟プレビュー総集編2011
販売元:ニューズ・ライン
(2011-12-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る