今年も残すところあと1日となりました。

今年は3.11で全てが大きく変わってしまった1年でしたし、

その中でスポーツにできる事は何なのかも考えさせられた1年でした。

スポーツの必要性の是非も考えながらも今年1年野球、

サッカーを中心に私が注目してきたスポーツを振り返りたいと思います。
野球記事

巨人11長野選手の史上8人目の代打逆転サヨナラ満塁ホームランで内海投手の最多勝を決めた


野球については今年1年色々揉めに揉めた1年となってしまいました。

特に巨人はこの1年本当に散々な1年でした。

その中で唯一頑張った選手はとなると・・・

投手では澤村投手と久保投手、野手では長野選手位でしょうね。

澤村投手はルーキーながらも援護に恵まれず厳しいシーズンを当初は送りましたが、

9月に破竹の5連勝で2桁11勝を上げて新人王を確定させましたが、

1番残念なのは防御率1点台を確定させておきながら

200イニングに拘った事ですね。

私は180イニング以上投げた場合は防御率1点台の価値の高さを獲ります。

しかし原監督は2つ欲張ったゆえに防御率1点台を失った。

200イニングも確かに凄いけれど、

先発としてを考えるのであれば最終戦の登板は無駄な登板だった。

最多勝も最優秀防御率も奪三振のタイトルすら関わらない投手を登板させる意義は

何処にもなかっただけに指揮官の時代錯誤な起用はオフの異常は補強へと繋がっている感じだ。

その巨人は清武前代表の告発により渡辺会長との法廷闘争となったけれど、

確かにタイミングこそ悪かったが、

それでもシーズン当初の計画停電中の開幕強行に走るなど

既に正常な判断のできない人がこれ以上プロ野球を牛耳る事そのものが問題であり、

遅かれ早かれ渡辺会長をプロ野球から失脚させなければならない事に変わりない。

その意味では今回の告発は支持するし、

法廷は事実を争う場である事も忘れてはならない。

いくら正当性を主張しても虚偽の証言は罪に問われるだけに

おそらく清武氏はそこを狙っているのだろう。

それに巨人ファンの中には大型補強よりも若手の台頭で強くなってほしいというファンも多い。

私もシーズン中に巨人ファンと球場で話す機会があったけれど、

やはり他チームの選手を獲り過ぎる事に対して違和感を感じるし、

若手が出場できる機会がある方がチームとしてもファンとしても

正常なチームを作れると私も思う。

確かに育成枠やドラフト戦略などで様々な形で4年連続新人王を輩出したが、

それも清武氏が小笠原、ラミレス、グライシンガー、クルーンなどの

適材ポジション以外の大型補強をせず若手を使えるチーム環境にしたからこそである。

長嶋終身監督時代の欲しい欲しい病で各チームの4番ばかりを

集めて機能せず再編成するのに苦労した時代を経ているだけに

やはり強いチームはドラフトと育成枠で獲得した選手を起用して

強化していく方が良いだろうし、

FAについては抑え不在という状況の場合は必要なポジションを獲る事は否定しないが、

足り過ぎているポジションを取る必要性はない。

今言える事は来季リーグ1位で日本シリーズに進出以外は

2位以下でその後日本一になったとしても原監督は解任だという事だ。

新人監督でもない原監督が選手がいないと言って敗因を語る事は許されないし、

これほど明確な基準を示せば解任させない理由もない。

2008年のように優勝を逃して2位になった

岡田監督が潔く辞任したのを見習ってほしいところだ。

それ以外では

日本シリーズ11第7戦福岡ソフトバンク最後まで中日打線を封じて8年ぶり5度目の日本一達成

落合監督最後の戦いだったけれど、

あれだけ打てない戦力で7戦まで持ち込んだ落合監督の手腕は実に見事だった。

投手もいる訳じゃなかっただけに余計落合監督の評価は高まった。

次の監督職はおそらく日本代表監督となるだろうから

その時になったらどんなメンバーを選ぶのか非常に楽しみだ。

あと2年越しとなった横浜買収も決まった。

采配采配
著者:落合博満
販売元:ダイヤモンド社
(2011-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


横浜NeNAベイスターズ参入承認!当面は横浜本拠地も同じ事が続けば今度こそ本拠地移転は避けられない

唯一ライバル業者である楽天のみ反対しましたが無事に承認されました。

これで次は横浜に何年留まるかというところがポイントですね。

環境次第で数年後移転する可能性も0ではないだけに

やはりそれを止められるのも横浜ファンになる訳です。

まあ間違っても某漫画家のようにファン辞めるなんて言ったら

横浜には未来がありませんので本当に残ってほしいのかは

スタジアムでファンを観ているという事を肝に銘じてください。

サッカー記事

今年のサッカー界は色々ありましたけれど、

やはり3.11でこちらも全てが変わってしまった1年でした。

1か月半の中止という前例のない事態に誰もが戸惑いましたが、

それでもサポーターの絆が深まった1年となりましたし、

私たちはサポーターがチームを支えている事を知った1年だったと思います。

私も地元新潟サポーターとしてホームに観戦した試合全てで募金し続けました。

それが私にできるささやかな力でもありましたからね。

そんな中で今シーズン新潟は苦しみましたけれど、

その中のベストゲームを上げるとしたら・・・

Jリーグ11第20節松田直樹追悼試合アルビレックス観戦怒涛の4ゴールで新潟・福島豪雨の被災者、松田直樹に勝利を奉げたルポ

今シーズンの新潟ベストゲームは色々な想いが詰まった試合でした。

なでしこリーグのダブルヘッダーというのもありましたけれど、

被災者そしてすべてのゲームで松田直樹追悼試合となった

試合に新潟の選手たちは最高のゲームを演出してくれた試合でした。

代表戦は何と言ってもアジア杯優勝!

本田圭佑欠場も無事3次予選を突破して終われました。

新戦力も台頭し、本田抜きの試合で課題こそありましたが、

全体的に充実したシーズンを送れました。

その中で印象的な試合は・・・

アルビレックス新潟プレビュー総集編2011アルビレックス新潟プレビュー総集編2011
販売元:ニューズ・ライン
(2011-12-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ザックジャパンアジア杯決勝ザック秘伝システムで豪州の猛攻に耐えFW李のボレーが炸裂しドーハの歓喜で4度目のアジア王者!

やはりこれになるでしょうね。

アジア屈指のライバルであるオーストラリアに勝利して得た

優勝はこれまでの優勝よりも格段にレベルが高かった。

そしてこれだけ不利な条件で戦ったザックの采配が見事だった。

日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011 [DVD]日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011 [DVD]
著者:スポーツ
販売元:ジェネオン・ユニバーサル
(2011-05-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ザック・ジャパンの流儀 ――日本代表、2014年ワールドカップへの道 (学研新書)ザック・ジャパンの流儀 ――日本代表、2014年ワールドカップへの道 (学研新書)
著者:矢内由美子
販売元:学習研究社
(2011-09-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


そしてサッカーでは今年1番印象的だった試合が

なでしこジャパンの女子W杯の初の決勝進出で初めてアメリカに勝利して、

そして優勝した試合ですね。

ドイツ女子W杯決勝なでしこジャパン絶体絶命のピンチにキャプテン澤のスーパーゴールで追いつきPK戦を制し初の世界一に輝いた!

今でも振り返るとこれほどの奇跡的な展開はないだろうとおもうほど凄い試合だった。

FIFA公式大会で男女通じて初の優勝だっただけに本当に素晴らしいし、

日本に明るい話題を提供してくれた。

なでしこジャパン 栄光の軌跡 IN 3D [Blu-ray]なでしこジャパン 栄光の軌跡 IN 3D [Blu-ray]
出演:なでしこジャパン
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2011-12-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


その他のスポーツ

今年は野球、サッカー以外ではまともな記事を書いていないし、

書いていたとしても大相撲の中止ですからね。

という事で今年のその他のスポーツはありません。

という事で振り返ると3.11の出来事が大きく影響した1年でした。

でもそれはこれから長く続く戦いの始まりに過ぎないだけに

来年も今年の事を忘れずにロンドン五輪へ向けて盛り上がっていきたいところですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。