22日サッカーロンドン五輪アジア最終予選

バーレーン対日本戦がバーレーン・ナショナル・スタジアムで行われ、

0対2で日本がMF大津のゴール、MF東のゴールで勝利し

五輪予選突破へ大きなアウエー勝ち点3を手にした。

試合は前半はバーレーンのロングボールに苦しむも随所で対応し、

前半44分CKからMF大津のゴールで先制して折り返す。

後半日本はFW永井を投入してスピードを活かした

サッカーを展開し後半22分MF東のゴールでリードを広げるとそのまま逃げ切った。

これで関塚ジャパンはロンドン五輪出場へ大きな勝ち点3を手にし天王山であるシリアと対戦する。

中東のアウエーはかなり厳しい戦いを強いられる訳だけれど、

今回はあまりそういうムードが少なかった試合だった。

それ以上に組み合わせに恵まれた事もあり、

ほぼこの組については日本とシリアの一騎打ちという感じになっており

シリアとの直接対決を制すればほぼ五輪突破は見えると言って良い。

その中で行われたバーレーン戦は清武、原口、山村らを欠いて

厳しい中でスタートしたものの、

その中でチームでレギュラーを張っている大迫、東、鈴木、酒井宏樹、権田らを

中心したチームは確りしたチームにはなっている。

ただこのチームの弱点としては攻撃陣は豊富だけれど、

ボランチとDFに関しては控えの層が薄いのが気がかりではある。

その点については五輪予選を突破した後に控え組を試す機会があれば良いと思うが

この試合に限ってはドイツでプレーする大津が原口、清武の穴を確り埋めた。

攻撃陣は宇佐美、清武、原口ら4,5人欠いても

それに代わる選手がいるという事を示したし

ここに香川が入ると攻撃陣はかなり変わる訳で

今から五輪出場への生き残りが始まっているという感じだ。

次のシリア戦で勝ち点3を獲ればアウエーのシリア戦で出場を決める事ができる可能性もある。

全てはマレーシア対シリア戦次第だが

ホームで絶対勝ち点3をとって大きく五輪出場に前進させたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

U-22 日本代表激闘録 北京オリンピック2008 男子サッカーアジア地区予選 [DVD]U-22 日本代表激闘録 北京オリンピック2008 男子サッカーアジア地区予選 [DVD]
販売元:電通
(2008-05-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る