13日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第44話を視聴した。

今回は大坂夏の陣を終えてようやく徳川の世になったものの、

それを聞いた江は喉が通らないほど落ち込んでいた。

そんな中竹千代が福と共に勝利の宴を模様していた。

それを見た江は誰を討ったのか解るか?と問い、それを咎めた福を江は打った。

一方千は初についていたものの、秀忠の決断を恨み、

秀忠もまたそれを受け入れる覚悟はできていた。

そんな中で秀忠は江戸に戻り、江に自らの覚悟とこれで終わりにしたいという気持ちを告げる。

武家諸法度を交付した秀忠はこれにより戦いのない世へ導こうとした。

一方江は千と再会し心の傷を慰め合ったが、

世継ぎの問題で竹千代との思いが届かぬシーンがメインだった。
ストーリー

大坂城炎上、そして淀の死の知らせを聞いた江は寝込んでしまい、何も喉を通らない。

そんななか、勝利の宴を開き、大騒ぎする竹千代。

江はそんな息子を叱るが、福は秀忠が淀を討つ命を発したのだと告げる。

そのころ秀忠は、伏見で武家諸法度を発布。

名実ともに将軍・秀忠の時代が幕を開けようとしていた。

以上NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」HPより


今回は大坂夏の陣が終わって家康が死すまでの間が描かれた訳だけれど、

もう実権は秀忠に一任された事で武家諸法度を交付する。

これで大名は徳川家に従いそれぞれの所領で運営して行く事になるのだが、

参勤交代もその1つだ。

2代将軍が徳川の礎をこしたるものとしたけれど、

秀忠の功績はそういう3代家光に繋ぐ1番重要な役割を果たした将軍である事だ。

あまり高く評価されていないけれど、

実は1番重要な事をやった将軍だったのだと感じる。

しかしその元で多くの犠牲を払う事になったのは言うまでもないけれど、

江は淀を失い、千もまた秀忠の決断を恨んだ。

さらには竹千代が福の溺愛で懐かないなど江にとってはこれから亡くなるまでの間

そういう福との確執が続く事となる。

次回は家康が秀忠らに遺言を残す。

その遺言とは?遺言に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江~姫たちの戦国~其ノ二NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江~姫たちの戦国~其ノ二
アーティスト:吉俣良
販売元:ポニーキャニオン
(2011-09-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2011-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る