5日セントラルリーグクライマックスシリーズ11ファイナルステージ第4戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

5対1で中日が初回の4点で試合を決めて日本シリーズ進出へ王手を掛けた。

試合は中日先発川井投手、東京ヤクルト先発赤川投手の投げ合いで始まり、

初回に中日が4番ブランコのタイムリーで先制すると、

2死満塁から7番平田選手の走者一掃のタイムリー2ベースで4点を先制する。

東京ヤクルトも3回に1番山田選手のタイムリーで1点を返したが、

5回に2死2,3塁のチャンスに1番山田選手が三振に倒れると

その裏中日は4番ブランコのホームランで突き放し、

6回から中日は2番手高橋投手、3番手鈴木投手、4番手浅尾投手、

最後は抑えの岩瀬投手が抑えて中日が3勝2敗として王手を掛けた。

これで中日は日本シリーズ進出まであと1勝として落合監督最後の完全優勝突破へ大きく近づいた。
この試合は完全にポイントは初回のミスを確り中日が逃さなかった事と、

5回に東京ヤクルトが2死2,3塁でタイムリーを打てなかった事が全ての試合だ。

特に中日に初回に4点も献上した時点で

東京ヤクルトに勝ち目が殆どなかっただけに

初回のルーキー山田選手のミスと5回の山田選手の三振がこの試合の明暗となった現れた。

中日サイドとしては5試合ホーム開催できるので

その点では5戦目まで行ったのは良かったと思うし、

5戦目を落としても6戦目に吉見投手が控えているだけに

東京ヤクルトは投手陣がいない中でほぼ力尽きる寸前だ。

おそらく明日決めると思います。

落合監督にとってもリーグ優勝からの日本一のラストチャンスなので

そのチャンス必ず実現させるはずだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

コーチング―言葉と信念の魔術コーチング―言葉と信念の魔術
著者:落合 博満
販売元:ダイヤモンド社
(2001-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


采配采配
著者:落合博満
販売元:ダイヤモンド社
(2011-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


なぜ日本人は落合博満が嫌いか? (角川oneテーマ21)なぜ日本人は落合博満が嫌いか? (角川oneテーマ21)
著者:テリー 伊藤
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2010-05-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る