3日パシフィックリーグクライマックスシリーズ11ファイナルステージ第1戦

福岡ソフトバンク対埼玉西武戦がヤフードームで行われ、

4対2で福岡が内川選手の2点タイムリーと追加点となる2ベースで勝利し

2勝0敗で日本シリーズへ大きく前進した。

試合は福岡先発和田投手、埼玉先発帆足投手の投げ合いで始まり、

3回に福岡が3番内川選手のタイムリー3ベースで2点を先制すると、

6回には7番多村選手のタイムリー内野安打で2点を追加した。

7回に埼玉は4番中村選手のホームランで1点を返し、

8回にも1点を返したが、

最後は抑えの馬原投手が抑えて福岡が初戦をとって2勝0敗とした。

これで福岡は日本シリーズ進出へ大きく前進した。
これまで尽くファイナルステージで敗れてきた福岡にとっては

今年こそ何としても日本シリーズへ進出したいところだし、

何よりこの制度の犠牲者という見方をされてしまっているだけに

その意味で初戦を取るかとらないかでアドバンテージの差がなくなってしまうだけに

初戦の重要性は大きな意味を持っていた。

激戦を制してきた埼玉にとっては中3日で迎えた訳だけれど、

涌井投手を先発させず帆足投手を先発させた。

福岡は内川選手を中心に右を並べてきたけれど、

殆ど右で固められた打線は帆足投手を捉えるのに

そんなに苦労せず攻略し内川選手が2打点と追加点となる口火を切ってくれた。

内川選手にとっては初めてのクライマックスシリーズ出場という事で

横浜時代には味わえなかった戦いを楽しんでいるようだった。

先発の和田投手は中村選手に一発を浴びたものの、

7回1失点に抑えてその後福岡の勝ちパターンである

ファルケンボーグ、馬原投手と繋いで逃げ切った。

最後は少しヒヤっとしたけれどそれでも確り逃げ切るあたり

シーズン同様の勝ち方を最後までできた。

これで2勝福岡が先行したけれど、このまま福岡が王手を掛けるのか?

それとも埼玉が待ったを掛けるのか?

注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。