29日Jリーグ11ナビスコカップ決勝浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦が国立競技場で行われ、

0対1で鹿島アントラーズが延長戦の末FW大迫のゴールで勝ち越し

9年ぶり4度目のナビスコ杯制覇を果たした。

試合は前半から鹿島ペースで進むもFKでMF野沢が惜しいキックを見せれば、

浦和も原口のドリブル突破からチャンスを狙うもゴールを割れず前半は0対0で折り返した。

後半開始早々浦和はMF山田直輝が2枚目の警告で退場となると

数的不利になり押し込まれるも何とか踏ん張る。

しかし鹿島も後半34分にDF青木が退場となり、

10対10で戦うも90分で決着がつかず延長戦に突入し、

延長前半15分FW興梠のクロスをFW大迫が決めて鹿島は勝ち越し、

浦和も最後まで抵抗を見せるも鹿島が守り切り鹿島が9年ぶり4度目のナビスコ杯制覇を果たした。

これで鹿島アントラーズは今季無冠を間逃れ残りの天皇杯にACL出場を掛ける。
15位に浦和対6位の鹿島の対決となったけれど、

試合内容的には順位の差を感じないほど激しい攻防を繰り広げた。

確かに鹿島に押し込まれるシーンはあったけれど、

それでも鹿島は今季を象徴するような決定力不足に決められず、

浦和もやはり中盤を厚くして中盤を活かそうとしたが

FWにエクスデロを起用しているところを観ると

やはりエジミウソンが抜けた後の穴の大きさを物語っている。

さらにマルシオも怪我で欠場と若干決定力は原口に頼るシーンが目立った。

最終的には鹿島が自力の差を見せて8年ぶりのナビスコ制覇となった。

9年もナビスコを制していなかった事も驚いたけれど、

世代交代の中で鹿島も苦悩している姿があった。

浦和は延長戦まで縺れたものの次へ繋がる試合内容だっただけに

残留争いでそれなりの収穫を得る事はできたと思う。

とにかく鹿島アントラーズのカップ戦制覇おめでとう。

天皇杯2連覇へ向けて弾みがついた試合だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。