27日TBSホールディングスは当初28日に予定していた

横浜ベイスターズのDeNAへの球団売却発表を延期すると発表した。

当初は契約面で合意に達して最終調整を残すのみとなっていたようだが、

巨人の渡辺会長が商標名は野球協約上問題と指摘した事が原因とされ、

再度検討する事になったようだ。

過去にもソフトバンクがYahooを入れられなかった事例があるが、

昨年参入しようとした住生活グループは新ブランド名リクルスを入れようとしていただけに

不透明な部分が大きく何を持って問題にするのか難しいところだ。

これで合意直前に来ていた横浜売却問題は再び混迷を極める事になりそうだ。
本当に昨年の繰り返しになってしまうのではないか?

と思うような突然の延期発表だ。

まずここで色々な情報が入っているので整理すると

まずモバゲーを入れる入れない以前の問題に新規参入で

楽天が長期保有に不安があると反対を表明しているが、

この点については色々異論がある。

まず楽天が新規参入しようとした時まだ設立7年目の会社だった事だ。

ライブドアもしかりだったが、楽天は当初ライブドアが宮城をホームにと

掲げた中でそれを後出しじゃんけんで横取りした経緯がある。

それに7年目だった会社が長期保有に不安がなく、

11年目の会社がどうして長期保有に不安なのか?

という明確な理由が見当たらない。

課金システムに問題とはいうが、

DeNAは楽天同様M&Aで大きくなっている会社であり、

本業以外でも利益を出せる体制になっているはずだし、

楽天以上に野球関連に積極的な姿勢を見せている事を踏まえれば

不安というのはいささかこじ付け的な理由としか感じない。

そして野球協約と言う点で言わせれば楽天は2006年からTBS株を保有した。

これは野球協約の中に同一球団の株を保有してはならないという規定に違反しており、

それを2010年までの5年間続けた経緯があり、

野球協約を持ち出すなら明らかに楽天こそ野球協約違反球団であり、

そのような協約違反するような球団の会長の言葉をどう信じろというのか?と問い詰めたい。

以上の経緯からして楽天がDeNAを新規参入に反対する資格は一切ない!

自らの会社のサービス楽天ブログをわずか10日に改悪するような

会社の反対論は信用に値しない。

そこで渡辺会長が噛み付いた商標名についてだが、

これを言い出してしまうと昨年好意的だった住生活グループのリクルスはダメだったのか?

という事になる。

これはブランド名だが、一種の商標名だ。

もしこれが認められていて、モバゲーが認められないなら明らかな矛盾となる。

そう踏まえれば切りがないが、

今の現状からして横浜に残留するならDeNAは自らのブランドである

モバゲーを何かの形で入れる事を望んでいるのは明白だろう。

ただ現状今の横浜スタジアムではネーミングライツも

横浜市が認めないだろうからチーム名にも入れられず、

ユニフォームにもNPBの規定上大々的な商標名を入れられない事を踏まえると

DeNAにとって横浜残留するならやはり自らのブランドを入れる事が

できなければ買収の意味合いが無いに等しい。

TBSも球場問題で売約せざる得なかった訳だから、

今のままではいくら林市長が遊歩すると言っても

赤字物件にしてまで値下げする事は物理的に無理だろう。

そうなれば当然数年後の移転を盛り込んだ契約が焦点になる。

その候補地はやはり創業者の出身地新潟だ。

来年からは無理でも3年後だったら日本ハムが使用料の高い東京ドームから

北海道へ移転した事例があるだけに

3年で現在のエコスタジアム周辺の整備やドーム化などを乗り込んだ計画ができる。

それに新潟移転ならチーム名をアルビレックス新潟ベースボールクラブに改名し、

球場をネーミングライツで以前球場名問題でとん挫した

新潟市出身の漫画家水島新司さんのドカベンを入れた

ドカベンモバゲースタジアムにでもしてしまえば全国に大きなインパクトを与えられるし、

チーム名に企業名も商標名も入れずに済む。

ただ横浜ではそれができない。

それは横浜スタジアムが第3セクターの会社だからだ。

東京ドームが会社なのでネーミングライツが無理なのと同じで、

それでもネーミングライツを認めて横浜モバゲースタジアムにするならともかく、

それが飲めないなら難しくなる。

おそらく揉めているのはその辺だと感じる。

元々横浜が新潟などへ移転する事については

渡辺会長もむしろそれも横浜スタジアムなら仕方ないという見解で

新潟でプロ野球の地域拡大も含めた発言と見た方が良いだろう。

いずれにしてもこの1年で横浜ファンは球場へあまり足を運ばなかった事実がある以上

球団が存続するだけ良かったと思って頂くしかないだろうし、

立地条件以外最悪な球場に本拠地を置きたいと

思われていない事を感じなければならないだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。