22日公開の映画「スマグラー おまえの未来を運べ」を鑑賞した。

この映画は役者を目指していた青年が300万の借金を背負った事で

裏世界の運び屋スマグラーの仕事で借金を返す事になり、

その仕事をするが、ある日ある物を運ぶのに失敗し、

その変わりに殺し屋を演じるストーリーである。

借金を返すのは当然だが、裏社会で返そうとすると大きな危険が付きまとうものであり、

死を覚悟した一世一代の演技に最後はスカッとする事になるだろう。
危険な運び屋という事で通常表に扱えない物を

運ぶ人たちの事をスマグラーというらしいけれど、

時として危険な仕事をつきものだが、

そういう仕事をする人たちの多くは元々そういう世界にいる人たちか、

今回の青年のように借金を背負った人たちなのかというところだ。

そんな借金を背負って仕事をしていた青年がある日運ぶのに失敗してしまう。

その失敗してしまった事で青年は命がけのさらに仕事をする事になる。

果たしてその仕事を最後まで貫き未来を運ぶ事ができるのか?

キャスト

砧涼介演じる妻夫木聡

花園丈演じる永瀬正敏

塚田マサコ演じる我修院達也

山岡有紀演じる松雪泰子

背骨演じる安藤政信

内蔵演じるテイ龍進

張福儀演じる阿部力

田沼ちはる演じる満島ひかり

河島精二演じる高嶋政宏

西尾健児演じる小日向文世

高橋義春演じる清川均

田沼春治演じる島田洋八

警官演じる松田翔太

警官演じる大杉漣

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

25歳のフリーター・砧は、パチスロの裏ロムという儲け話にのってしまい、

300万円の借金を背負う。

金を返すため、金融業者・山岡から紹介された日給5万円のアルバイトを始めるが、

それは死体運びのスマグラーの仕事だった。

山岡の指示で田沼組組長の死体を運んだスマグラーは、

田沼組とチャイニーズ・マフィアの抗争に巻き込まれてしまった。

田沼組から組長を殺した暗殺者、

背骨と内蔵を探し出して連れて来いとの指令が下り…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして役者になる夢を持ちながら

夢を諦めてしまった涼介がパチスロの儲け話に乗ってしまい

300万の借金をしてしまうところからスマグラーの仕事をする事になる。

確かに300万は大金だけれど、それを短期で返すか?

それとも長期で返すか?

というところだが、最近は貸金業法の改正で収入の3分の1を借りれない

仕組みになっているから直ぐに返す事も難しいし、

定職についていない涼介には確かに難しい金額だった。

そんな中で山岡有紀から紹介されたのがスマグラーの仕事だった。

危険な物で通常のルートでは扱えない品物を扱う仕事だが、

裏社会ではやくざの抗争でその後始末をどうするか?

というのがあるけれど、そういう始末屋もスマグラーの仕事である。

そしてその仕事を始めた涼介は丈とマサコと共に行動するが、

ある日背骨、内臓という殺し屋の始末と生きたまま運ぶ事を依頼されてしまい、

その生きた殺し屋背骨を運ぶ事になったが、

涼介は背骨に情が移ってしまい背骨を逃がすという失態をしてしまう。

そして逃がした事で依頼主であるちはるらの命が掛かる事となり

丈は背骨を観た者がいない事を良い事に涼介に背骨を演じさせ、

背骨を探す間涼介が背骨を演じる事となった。

背骨となった涼介は数々の拷問を受ける事になる。

果たして涼介は背骨を最後まで演じられるのか?

そして生きて帰る事ができるのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

本当に終盤の拷問シーンがこの映画のメインでもあり、

そして背骨を探す丈が背骨と対決するシーンは見どころであるが、

やはり最後は1番冷静だったちはるの冷徹な女が印象的でもあった。

完全に弱いはずの涼介が背骨を演じる事ができるのか?

と思ったけれど、

本当に最後は演じてしまった訳で

これを火事場の馬鹿力というのだろう。

それだけ命がけになった時本当の力を発揮できるのかな?と感じたのだった。

総評として涼介は見事に背骨を演じて危機を脱した。

結局涼介はこの世界で生きる事はなかったけれど、

普通の世界に戻った時こういう死の間際の経験が

必ずリスタートの人生で生きてくるのだろうと最後は感じたのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

愛をくらえ(初回限定盤)愛をくらえ(初回限定盤)
アーティスト:Superfly
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
(2011-10-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


新装版 スマグラー (アフタヌーンKC)新装版 スマグラー (アフタヌーンKC)
著者:真鍋 昌平
販売元:講談社
(2011-09-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る