22日Jリーグ11第30節1日目が行われ、

首位柏レイソルはアウエー広島ビッグアーチで7位サンフレッチェ広島と対戦し、

3対1でMFワグネルの1ゴール2アシストFW北島の2ゴールの活躍で勝利し首位をキープした。

その他2位ガンバ大阪はアウエーNDソフトスタジアム山形で17位モンテディオ山形と対戦し、

5対0で山形に圧勝し2位をキープした。

3位名古屋グランパスはアウエーNACK5スタジアム大宮で

14位大宮アルディージャと対戦し

3対2で一度逆転を許すもFWケネディの勝ち越しPKが決まり逆転勝利で3位をキープした。

残留争いの16位浦和レッズはアウエー日産スタジアムで4位横浜F・マリノスと対戦し、

2対1で浦和レッズが和製布陣で横浜に競り勝ち9試合ぶりの勝ち点3を手にして暫定15位に浮上した。

これでJリーグは優勝争いは柏レイソル、ガンバ大阪、名古屋グランパスに絞られ、

残留争いも最終日の結果次第では最大7チームが残留争いを繰り広げる事になりそうだ。
とにかくこれで優勝争いでは横浜と仙台が完全に脱落した。

ACL争いも補欠争いこそ残すも3位名古屋と4位横浜の差が勝ち点7差という事で

これでほぼ3チームのACL出場権は当確と言って良いだろう。

柏レイソルは次節勝利するとACL出場権を獲得し、

ガンバ大阪も横浜の結果次第ではACL出場権を獲得する。

とにかく残り4試合で3チームが優勝争いを繰り広げる事になっただけに

3チームと対戦するチームがカギを握る事になるのは間違いない。

一方残留争いも16位浦和が9試合ぶりに勝利を上げた事で暫定ながら15位に浮上した。

次節甲府が勝利すると最大で7チームが残留争いを繰り広げる事になり

残留を確定させるまでJ2の昇格争い同様目が離せなくなりそうだ。

これでJリーグも大詰を迎えて福岡と山形の降格はほぼ当確という感じだし、

福岡は新潟に負けると降格が決まる。

残り4試合1試合1試合が生き残りの戦いが続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。