10月8日公開の映画 「夜明けの街で」を鑑賞した。

この映画は東野圭吾原作の 「夜明けの街で」を映画化した作品で、

不倫に落ちだ40代の男性が20代後半の女性と不倫の中で

過去に女性が抱えていたある事件の真相について知っていくストーリーである。

不倫は文化だと言った俳優もいたけれど、

やはり不倫は所詮自らの身を滅ぼすものであり、

男女どちらも最終的には普通で終わらず、

男は妻に最後まで憎しみの憎悪の中で生き続ける事になる事を知るだろう。
人は誰かに恋をして誰かと結ばれるものだが、

それが時として1人ではなく複数になる事が有り得るのが人である。

私はそういう事には無縁なんだけれど、

ここで登場する40代の男性は会社では課長職として

バリバリ働いている男性で家庭もあり子供もいる。

そんな中である日派遣されてきた女性社員と食事をする事になり、

それがキッカケで不倫に落ちていく訳だが、

結婚をしていても女性と接する事はない訳じゃないし、

何よりも相手が求めてきた時にどう断るのか?という事も必要だ。

ただやはり既婚者は浮気は必ずバレるものとして肝に銘じておくべきだろうね。

そしてストーリーはそんな不倫が展開されていくうちに

不倫女性の過去に起きた事件に男性が巻き込まれていく。

果たしてその結末とはいったい・・・

キャスト

渡部和也演じる岸谷五朗

仲西秋葉演じる深田恭子

渡部有美子演じる木村多江

新谷演じる石黒賢

部長演じる田中健

浜崎妙子演じる萬田久子

仲西達也演じる中村雅俊

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

大手建設会社に勤める41歳のエリート社員・渡部和也。

美しく従順な妻・有美子に不満はないし、1人娘も可愛い盛り。

この幸せがずっと続いていくだろうと疑わない渡部だったが、

ある日、バッティングセンターで派遣社員の仲西秋葉と出会い、その生活は一変する。

どこか寂しげで、不器用な秋葉に惹かれていった渡部は、

何度か2人で会った後、秋葉の実家を訪れることに。

その豪邸ともいえる屋敷で、秋葉からかつてこの家で起こった

殺人事件についてほのめかされた渡部は、

酔った様子の秋葉を置いて帰ろうとするが、

秋葉に泣きすがられ、ついに一線を超えてしまう……。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして不倫のキッカケがたまたま仲間といた

バッティングセンターというどういう経緯でこういうところになるのか?

というのがあるものの、まあ出会いとはそういうもので

そこで出会った和也と秋葉は偶然には同じ会社に勤める事になった。

といっても和也の会社に秋葉が派遣されてきたという事だが、

しかしこの秋葉はどういう訳か派遣社員でありながら車を所有し、

派遣社員にありがちの現実がどうも見られない。

それもそのはずだった秋葉の家は裕福な家だったからだ。

そんな和也には有美子という妻と娘がいた。

この家庭に和也が不満があった訳じゃないし、

むしろ幸せそのものだったが、1つの過ちが和也と秋葉のドロドロの不倫劇へと落ちていく。

秋葉の家の事情を知ってしまった事が和也の理性を制御不能としたんだけれど、

一度こういう事にハマってしまうと抜け出す事はほぼ難しい。

その家庭の事情というのが秋葉の家は15年前に殺人事件があった場所だったからだ。

その経緯をどうやら秋葉は知っているようだが、

それが語られるのは秋葉がある日にならないと語れない真実があるらしい。

その事に巻き込まれた和也は次第に家庭すら犠牲にしてでも

秋葉を幸せにしたいという気持ちに陥っていく。

果たしてこの不倫劇の結末とはいったい・・・

結末は劇場で観てほしいけれど、

和也は秋葉と一緒になろうと有美子と離婚を決意する所まで至る訳だが、

本当に妻に不満がある訳じゃないのにこの選択を選ぶ男はバカと言わざる得ないし、

普通に考えられないから不倫は怖いのだろうと思う。

それも秋葉の過去を知ってしまった故というのがあるにしろ、

もう少し考え方があるだろうに・・・

という感じだし、事件の経緯などが次第に明かされていくけれど、

事件の真相だけ見ていくと、

秋葉の父達也と浜崎妙子が1つの勘違いをした故の事件という事になる。

本来ならこの事件そのままの状況にすると

当事者に都合が悪いからという理由でそういう流れにしてしまったのだが、

その事実を秋葉は知っていたからこそ和也を別の意味で利用しようとした。

まあこの結末が果たして良かったのか?

はともかく、不倫している人は妻は絶対不倫に気づいている事を肝に銘じてほしい。

総評として、不倫の代償が死ぬまでの地獄とはよく言ったものだけれど、

やはり不倫に良い結末は存在しない訳であり、そういう意味では良く描かれていた。

不倫相手がたまたまそういう過去を持っていただけであり、

平凡な不倫だったら不倫した男は相当な代償を払う事になっただろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

映画 夜明けの街で オリジナル・サウンドトラック映画 夜明けの街で オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
販売元:ソニー・ミュージックダイレクト
(2011-10-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


声にできない(初回生産限定盤)(DVD付)声にできない(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:久保田利伸
販売元:SE
(2011-09-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


夜明けの街で (角川文庫)夜明けの街で (角川文庫)
著者:東野 圭吾
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2010-07-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る