14日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

7対2で巨人が澤村投手の2試合連続中日戦完投勝利で

中日の今日の優勝を阻止しルーキーとして防御率1点台をほぼ確実にした。

試合は巨人先発澤村投手、中日先発大野投手の投げ合いで始まり、

初回に中日が3番森野選手の犠牲フライで1点を先制するが、

その裏巨人が3番長野選手のホームランで同点に追いつくと、

2回に7番由伸選手、8番藤村選手、2番寺内選手のタイムリーで一挙5点を上げた。

3回にも5番ラミレスのホームランで突き放した巨人は

投げては澤村投手が9回に森野選手にホームランを浴びたものの

最後まで投げ切り中日戦2試合連続の完投勝利で11勝目と防御率1点台を確保した。

これで巨人は中日の今日の優勝を阻止し、

クライマックスシリーズ確保で最後まで全力を尽くす。
とにかく今日の胴上げは阻止した訳だが、

明日は巨人が勝利しても東京ヤクルトが負けてしまえば

勝っても胴上げが決まってしまうのでとにかくそうなった場合は仕方ない。

ただ巨人は勝って胴上げを許す抵抗はしたいところだ。

さて澤村投手が中日戦で2試合連続完投勝利で

勝敗を5分にしてさらに防御率1点台をほぼ確定させた。

あと3回3分の1投げれば200イニングに到達するものの、

私はこの数字よりも防御率1点台を確保してあげた方がはるかに価値が高いと思うし、

内海投手に防御率と最多勝のチャンスがある事を踏まえると

内海投手のタイトルを優先させた方が最終戦勝つ可能性が非常に高い。

22日の横浜戦では内海投手が先発するだろうし、

吉見投手が先に試合を終わらせる事を踏まえても

その結果次第で最終戦は内海投手が単独最多勝か

単独防御率か複数最多勝を狙う事になる。

とはいえこれは既にクライマックスシリーズの順位と進出が決まった時点での話にもなるし、

何よりまだ2位も3位も決まっていない訳で

今確実にできる事は澤村投手の防御率1点台確定という事で良いだろう。

とにかく明日は勝って意地をみせたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。