25日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第37話を視聴した。

今回は征夷大将軍に任命された家康は江の娘千を秀頼に嫁がせる事を決める。

それを心配した江は自ら千の輿入れについて行くと言い出し、江は千の輿入れについて行く。

そして大坂で淀、初と久しぶりの対面をし、そこでそれぞれ懐かしむが、

千の輿入れが終わった直後に江は5人目の子を産み、

その子を初に約束通り養子に出したシーンがメインだった。
ストーリー

江は、次女・珠を政略結婚で前田家に嫁がせた悲しみから立ち直れないでいた。

一方大坂では、大野治長が、新年の挨拶に来ない家康にいらだっていた。

2月になり、ようやく現れた家康は、近く朝廷より征夷大将軍に任じられるという驚くべき報告をする。

秀頼が関白になるまでの「仮の将軍」と弁明する家康に、淀らは警戒を強める。

以上NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」HPより


今回は家康がいよいよ征夷大将軍となり、江戸幕府を開く事になった。

その前に秀吉時代からの約束で千姫を秀頼に輿入れする約束を果たすつもりでもいた。

この時点で家康がむやみに豊臣家を滅ぼそうとするには

あまりにも条件が整っていなかったのでまずは見せかけの和平の証しを続ける事にした。

そして千の輿入れが決まると、江は自ら大坂までついて行くと言い出し、

千の輿入れの為と淀と初に対面するために大坂へ向かった。

そして大坂で三姉妹が対面を果たす。

これが三姉妹最後の対面となった訳だけれど、

それぞれの嫁ぎ先でそれぞれの事情を踏まえているだけに昔のようには行かないものだ。

そんな中秀頼と千の婚礼が終わった直後に江は初姫を産む。

その初姫は京極家に嫁ぐ事になり、初が初姫を引き取ったのだった。

次回はいよいよ家光が誕生する事で乳母となる福が登場する。

度々対立する訳だが、果たして江はその対立に対していかなる対応をするのか?

その対立に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2011-05-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江~姫たちの戦国~其ノ二NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江~姫たちの戦国~其ノ二
アーティスト:吉俣良
販売元:ポニーキャニオン
(2011-09-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下
著者:田渕 久美子
販売元:日本放送出版協会
(2010-11-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る