24日Jリーグ11第27節2日目が行われ、

アルビレックス新潟はアウエーヤマハスタジアムで11位ジュビロ磐田と対戦し、

0対1で終了間際にゴールを決められ勝ち点を失い、

7勝8分12敗勝ち点29得失点差-5で暫定14位に交代した。

試合はホーム磐田に押し込まれながらも新潟はカウンターからチャンスを作るも

GK川口のファインセーブに阻まれ得点する事ができない。

2度のチャンスをGK川口に止められ前半は0対0で折り返した。

後半磐田の猛攻を受けるも何とか踏ん張り続けカウンターからチャンスを狙ったものの

またもGK川口に防がれ、後半ロスタイム新潟はFW荒田に押し込まれて痛恨の失点をし敗れた。

これでアルビレックス新潟は勝ち点を失い、

甲府が勝ったため降格圏寸前まで追い込まれる窮地に立たされた。
試合内容的には理想な展開だっただけにやはり最後の決定機で決められなければ

どんなに良い展開でも勝つ事はできない。

本当に良い展開のカウンターがあっただけに、

ブラジルトライアングルもそれなりに機能していただけに悔やまれる敗戦だ。

守備については最後こそ破たんしたものの下を向く内容じゃないだけにここは問題はない。

ただ残り7試合で上位4強との対戦を残し、

甲府との直接対決がある事を考えると非常に厳しい状況に変わりない。

まして最後の4試合が4強と甲府ですからね・・・

降格争いをするチームにとって1番厳しい条件が揃う。

とにかく2008年シーズンも苦しい戦いを切り抜けた経験があるので

その時の最終節の気持ちを再び思い出し全力で戦っていくしかない。

ただ32節と33節にU-22で3人欠場する事が最も痛いだけに

10月の戦いで最低2勝できるかどうか・・・

とにかく横浜と川崎のどちらかに勝ち福岡に必勝を期す10月にしたい。

次節はホームでまずナビスコ杯の清水2ndレグだが、

こちらで勢いをつけてホームの横浜戦を戦いたい。

私はホーム横浜戦は今季初の欠場となるが、

ホーム横浜戦に至っては私が欠場すると負けない

ジンクスがあるのでそのジンクスを信じたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。