18日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

4対0で巨人が阿部捕手のホームランと2ベースで勝利し連敗を止めた。

試合は巨人先発東野投手、中日先発ソトの投げ合いで始まり、

6回まで両チームとも無得点で迎えた7回巨人は5番阿部捕手のホームランで先制すると、

8番フィールズの2ランで3点リードする。

そして8回にも5番阿部捕手のフェンス直撃のタイムリー2ベースで

リードを広げた巨人は最後は抑えの久保投手が抑えて巨人は連敗を止めた。

これで巨人は連敗をストップし2位争いの中日に少しでもゲーム差を縮めたい。
今季おなじみとなってしまった中日戦での投手戦は

7回に阿部捕手のホームランで均衡が破れた事で完全に巨人ペースで進んだ。

両チームとも本来の攻撃ができない戦いが続いているけれど、

中日は主力の和田選手が登録抹消するほど深刻であり、

チームにとっても世代交代の時期に来ている。

巨人も長野選手以外は不振の中で戦っているだけに

両チームとも世代交代も踏まえた戦いをしている。

これから両チームはCS2位争いの最大のライバルとなるだけに

7試合ある直接対決では絶対に勝ち越ししなければならない。

残り試合CS出場権獲得に全力を注いでほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。