11日巨人対広島戦が行われ、3×対2で巨人が終盤に追いつき、

由伸選手のサヨナラタイムリーで勝利し広島戦勝ち越しを決めた。

試合は巨人先発東野投手、広島先発バリントンの投げ合いで始まり、

4番栗原選手のタイムリー2ベース5番嶋選手の犠牲フライで2点を先制する。

巨人は6回まで先発バリントンを捉えきれなかったが、

7回に巨人は代打大村選手のタイムリーで1点差とすると、

8回に巨人は8番亀井選手のタイムリーで同点に追いつき、

9回に巨人は2死1,2塁から5番由伸選手のサヨナラタイムリーで

勝利し広島戦勝ち越しを決めた。

これで巨人は週間勝ち越しを決めて東京ヤクルトを追う。
東京ヤクルトが5連勝で引き離されてしまったけれど、

まだまだ試合が残されているので残り試合で着実に勝ちこしていく事が重要だ。

本当の勝負は最後の12試合なのでそこまでにどれだけゲーム差を

縮める事ができるのか?というのがある。

その中でこういう苦しい試合を土壇場で勝利に持ち込めたことは

今後の展開で大きなシーンになるのは間違いない。

先発東野投手は序盤で2失点したけれど、

前回の1回KOよりかなりマシな内容だったので次の奮起に期待したいところだ。

まだまだ諦めるのは早いし、これまで土壇場で引っくり返した実績もあるチームを

最後まで信じて戦い続けて行けば必ず逆転Vがあるはずだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。