6日中日対巨人戦がナゴヤドームで行われ、

3対5で巨人がラミレスの2ランなどを守り切り、5人の継投で逃げ切った。

試合は中日先発ネルソン、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が7番阿部捕手のタイムリー2ベースで先制すると、

3回には4番ラミレスの2ランでリードを広げた。

しかし中日もその裏3番平田選手のタイムリーで1点を返すが、

7回に巨人が2番古城選手のタイムリー3ベースでリードを広げるが、

その裏中日は3番平田選手のタイムリー、4番ブランコの犠牲フライで1点差にしたが、

9回に巨人は3番長野選手のタイムリー内野安打でリードを広げ、

最後は抑えの久保投手が抑えて巨人が6連戦初戦を制した。

これで巨人は2位との直接対決を制し、東京ヤクルトを追い続ける。
これからは東京ヤクルトの結果もそうだけれど、

自分自身がどれだけこの混戦の中で力を発揮するかが問題だ。

ここまで来ると打率が低い事を言っても仕方ないので、

チームとしてどうやって点を取り、

そしてどうやって逃げ切るかを考えて試合に挑まなければならない。

この試合でも5点中4点が四球から得点に繋がった。

ヒットを何が何でも打つだけじゃなく、

打てない時にはボールを確り見て出塁する事も大切だ。

それをこの試合では確り実践した。

投手陣も打撃陣が一丸となって取った得点を1度も同点を許さずに守り抜いた。

こういう試合を続ければ必ず東京ヤクルトに追いつけるはずだから

1勝1勝が首位へのプレッシャーをかける事になるだけに

勢いに乗ってまず中日戦勝ち越しを決めよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。