4日東京ヤクルト対巨人戦が神宮球場で行われ、

1対4で巨人が4番ラミレス、5番坂本選手の連続ホームランで勝利し、

崖っぷちで優勝争いから踏み止まった。

試合は東京ヤクルト先発石川投手、巨人先発西村投手の投げ合いで始まり、

2回に東京ヤクルトは5番武内選手のホームランで先制するが、

巨人は4回に4番ラミレスのタイムリーで同点に追いつく。

そして7回に巨人は4番ラミレスの2ラン、

5番坂本選手の2者連続ホームランで3点リードを奪った巨人は

最後は抑えの久保投手が抑えて勝利し、巨人は崖っぷちで踏み止まった。

これで巨人は何とか3タテを阻止して週間勝ち越しを決めて、

残り試合他力を期待しながら戦う事になった。
何とか3タテを阻止したという感じだけれど、

直接対決がこれで1試合しかなくなった巨人にとって残り試合は

他のチームの頑張りに掛かってくることになるんだけれど、

東京ヤクルトもだいぶ勢いが落ちてきているので

最悪の事態だけは避ける事ができた試合だった。

やはり序盤で大量失点してしまうと苦しいが、

最少失点なら何とかなるだけに序盤で

最少失点に抑える事を残り試合では心がけていきたいところだ。

とにかく6連戦がこれから続くけれど勝ち越しを最低条件にして戦い続けていきたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。