24日ドラマ「ブルドクター」第8話を視聴した。

今回はボクシングジムでボクサーが亡くなった。

その死因に不審に思い捜査しようとした知佳だったが、上層部からストップが掛けられた。

その経緯に不審を抱いた珠実と知佳だったが、

家族の依頼で解剖しようとしても許可が下りなかった。

そんな中で珠実は亡くなったボクサーの家族から

このままでは死に切れないという話をされると、珠美と知佳は動きだし、

無断で解剖を行った結果死因は心筋梗塞ではなく背中を強打したショック死だとわかり、

遺族との記者会見で死因を明らかにしてボクシング会長とボクサー3名が逮捕された。

しかしそれにより上層部の黒幕が武田教授を呼び出し珠実を辞めさせるよう詰め寄ったが、

武田教授はそれを拒否し殺されたシーンがメインだった。
ストーリー

珠実を上都大学法医学教室から外せという武田への脅迫が続き、

武田は追い詰められていた。

武田の様子に異変を感じた美亜は、父のことが気がかりでならない。

名倉は、美亜に「いつでも力になる」と声をかけるのだった。

そんな中、プロボクサーの大山修治が、

所属するボクシングジムで倒れているところを発見される。

彼は心肺停止状態に陥っていて、まもなく死亡。

知佳は捜査を開始するが、上司から捜査中止を命じられる。

修治の兄・克治は、警察から修治の死は病死という説明を受けたものの納得できず、

遺体を解剖してほしいと上都大学法医学教室を訪れる。

解剖を引き受けようとした珠実に対し、武田は解剖を許可せず…。

以上日テレブルドクターHPより


今回はボクシングジムでボクサーが死亡した事件に

藤村と松岡が偶然遭遇した事から珠実の元へ司法解剖されるものかと思われた。

しかし上層部が所轄で無いにもかかわらず別の刑事がこの事件を捜査し、

別の病院で診断の結果心筋梗塞と診断されていた。

それに納得がいかない遺族が珠実の元に解剖をお願いしに来る。

しかし武田教授がどういう訳か拒否して解剖する事ができず

珠実は組織の枠組みの中で苦しんでいた。

そんな中知佳も今回の件では絶対おかしいと単独で捜査する事にした。

そして遺族の要望に珠実と知佳が応え、

捜査でボクシングジムの会長が国会議員と繋がっている事を知る。

それでも珠実と知佳は単独で遺体解剖を行い、

そこで心筋梗塞ではなく、背後から殴られたショック性の死という事が判明し、

これを珠実は辞表を出した上で遺族と記者会見に挑んだ。

さすがに警察もこれで動かない訳にはいかず、

隠ぺいした会長とボクサー3人を逮捕するに至った。

これに知佳は関わっていない事となり、

珠美は警察の目を向けられる事になったが・・・

まあ真実は1つなのでその死因を書かざる得なかった権力が存在する訳だ。

そして武田教授は珠実にある手紙を渡した上で、

美亜はレストランで父を待ったが、

武田教授は潤之助に珠実は君の助けになるという事を言い残して殺されたのだった。

まあやはりその組織は相当大きなものである事は間違いないけれど、

武田教授が殺された事で珠実にも危険が及ぶ事になりそうだ。

次回は武田教授が殺された事により大きな事件が動きそうだ。

そんな中で珠実はこの大きな事件にどう立ち向かっていくのか?

その行動に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

水曜ドラマ ブルドクター オリジナル・サウンドトラック水曜ドラマ ブルドクター オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
販売元:バップ
(2011-08-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る