23日巨人対阪神戦が東京ドームで行われ、

5対2で巨人がラミレスの逆転タイムリーと坂本選手の試合を決める2点タイムリーで勝利した。

試合は巨人先発ゴンザレス、阪神先発岩田投手の投げ合いで始まり、

2回に阪神が6番関本選手の内野ゴロの間に1点を先制すると、

巨人は5回までチャンスを作る事ができない展開が続く。

しかし6回巨人は4番ラミレスの逆転タイムリー2ベースで逆転すると、

7回には代打谷選手のタイムリーで追加点を上げた。

しかし8回に阪神が途中出場の俊介の内野ゴロの間に1点を返すが、

その裏巨人は2死満塁から1番坂本選手の2点タイムリーでリードを広げた巨人が

最後は抑えの久保投手が抑えて巨人が阪神戦初戦を制した。

これで巨人は阪神戦初戦を制して貯金1とした。
序盤こそ完全に岩田投手に抑え込まれたけれど、

チャンスを確り作って活かした終盤の攻撃は見事だった。

得点に絡んだ全てが四球絡みだけに四球で繋ぐ意識が繋ぐ意識へと繋がった。

この試合では巨人では小笠原選手とゴンザレスが

負傷して途中交代を余儀なくされたけれど、

ここから1番怖いのは負傷者を出さずに戦う事ができるかも重要なポイントになる。

けが人は1番この時期怖いからね。

とにかく今は1つ1つ勝っていく事が必要なので

ヤクルトの勝利より自分たちの勝利を重視してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。