20日巨人対東京ヤクルト戦が行われ、

7対2で巨人が初回の4点で試合を優位に進めて

先発東野投手が完投し首位東京ヤクルトとのゲーム差を4とした。

試合は巨人先発東野投手、東京ヤクルト先発由規投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が5番小笠原選手、6番阿部捕手の連続タイムリーで4点を先制すると、

先発東野投手が6回まで無失点に抑え、

7回に東京ヤクルトは5番ホワイトセルのタイムリーで1点を返したが、

8回に巨人は3番長野選手の走者一掃のタイムリー2ベースでダメ押しした巨人は

最後まで東野投手が投げ抜き、首位東京ヤクルト連勝した。

これで巨人は週間5割を確保し東京ヤクルトとのゲーム差を縮めたい。
初回に制球の定まらない由規投手を各打者がボールを選んで

チャンスを作り出した事による大量得点だっただけに、

いかに四球は大量失点を招くのか?

そしていかに大量得点に結びつくのか?

という疑問を一気に解決させるシーンだった。

初回に4点リードを奪った事で今年の流れでは4点を返す事は

簡単な事じゃないだけに先発東野投手も久しぶりに気持ちに

余裕を持って投げる事ができたと思います。

これで東京ヤクルトに2連勝となり。

ここで3タテする事ができるかどうかでペナントが混戦になるかならないかにも繋がっていく。

2位から5位まで殆どゲーム差がないだけに今日勝利して混戦に持ち込みたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。