19日巨人対東京ヤクルト戦が行われ、3対2で巨人が長野選手のタイムリー、

小笠原選手のホームラン、亀井選手のタイムリーで競り勝ち5割に復帰した。

試合は巨人先発澤村投手、東京ヤクルト先発村中投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番長野選手のタイムリーで先制すると、

2回には6番小笠原選手のホームランで追加点を上げると、

先発澤村投手が7回まで無失点に抑える。

しかし東京ヤクルトは8回に代打川端選手の内野ゴロの間に1点を返したが、

その裏巨人は途中出場の亀井選手のタイムリーで追加点を上げて

最後は抑えの久保投手が1点を失ったものの抑えて巨人が首位攻防第1戦を制した。

これで巨人は再び5割に戻し、首位東京ヤクルトとのゲーム差を再び5に縮めた。
序盤に先制点を取る事ができて、澤村投手が7回まで無失点に抑えた事が

終始巨人が主導権を握って戦う事ができた。

3回から7回まで無安打に抑えられたのは頂けないが、

序盤でリードを奪えた事がより重要だった試合だった。

抑えに久保投手が固定されてから形は確り出来上がっただけに

あとはここから5週連続勝ち越しを当面の目標として戦う事が重要だ。

特にこの3連戦で初戦を取れた事でゲーム差を縮める事が

できるだけに何としても2試合取りたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。