9日横浜対巨人戦が長野オリンピックスタジアムで行われ、

6対7で巨人が接戦を制して勝利し、6連勝で借金返済まであと1勝となった。

試合は横浜先発高崎投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、

初回に横浜が3番スレッジのタイムリー2ベースで1点を先制する。

しかし4回に巨人は4番ラミレスの2ラン、

5番由伸選手のホームランで逆転に成功する。

しかし横浜もその裏に3番スレッジ、4番村田選手の連続ホームランで

同点に追いつく。

しかし巨人も5回に4番ラミレスの2点タイムリーでリードを奪ったが、

その裏横浜は3番スレッジの3ランで再度逆転に成功した。

しかし7回に巨人が3番小笠原選手のホームランで同点に追いつくと、

9回に巨人は抑えの山口投手の暴投で勝ち越し

最後は5番手山口投手が抑えて巨人が6連勝で借金返済まで1と迫った。

これで巨人は6連勝で5割目前まで迫りセントラルリーグは混戦模様となってきた。
一時は絶望的な借金とゲーム差が開いていただけに

ここで6連勝で借金返済まで迫れた事は非常に大きい。

特に打線がようやく当たり出してきた。

何と言っても小笠原選手が復調してきておりここ数試合で

本来の打撃を取り戻した感じがある。

これまで考えられない成績が続き、8番まで打った事もあったが、

ようやく本来の打撃を取り戻した感じだ。

まだ10月に東京ドームでの連戦を残している巨人にとって

この時期にゲーム差が縮まる事は奇跡の逆転Vへの布石となっていく。

あとは抑えさえ確り日替わりじゃなくなればあとは浮上するだけだ。

とにかく今週は借金返済5割以上復帰を目指した戦いになる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ra

</div>
	</div>
</div>
<!-- /記事本文 -->

<!-- 記事フッター、カテゴリ、コメント、ソーシャルボタン -->
<footer class=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバック