3日巨人対阪神戦が東京ドームで行われ、

3×対2で巨人が古城選手の汚名返上のサヨナラホームランで勝利し5試合ぶりの勝利を飾った。

試合は巨人先発トーレス、阪神先発スタンリッジの投げ合いで始まり、

5回に巨人が3番長野選手のタイムリーで1点を先制するが、

6回に阪神が5番ブラゼルのタイムリーで同点に追いつく、

そして7回に阪神は代打桧山選手の逆転タイムリーで勝ち越したが、

巨人は8回に5番由伸選手の同点ホームランで試合を振出しに戻した。

このまま延長戦かと思われた9回に巨人は途中出場の古城選手が

7回のボーンヘッドの汚名を返上するサヨナラホームランで

巨人が5試合ぶりの勝利を飾った。

これで巨人は接戦を制したが課題は多数のままだ。
古城選手の汚名返上のホームランは本当に見事だったけれど、

本来なら7回に確り3塁で止まってたら違った展開になっていただけに

必ずしも喜べるサヨナラ勝ちじゃない。

とにかくチャンスの作り方を今だ模索中というのもあるが、

1番の坂本選手を1番から外す事が今1番必要な事だと認識しているだけに

出塁率の悪い1番打者が得点力を低下させている。

少なくても1試合2度の出塁をしなければ1番の役割を果たしていないし、

もう少しボールを見極める事が重要だ。

とにかく勝った事は良いものの、

今後の戦いを考えると確実に3連戦の勝ち越しを積み重ねていきたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。